『チェンソーマン』『SPY×FAMILY』『サイバーパンク』コスプレイヤーがハロウィンの池袋に勢ぞろい!『池ハロ2022』レポート

2022.11.17
(左から)本田夕歩さん、紗愛さん、桜井エミリアさん

文・撮影=ソムタム田井 編集=森田真規


10月に東京・池袋の東口エリアで行われたコスプレイベント『池袋ハロウィンコスプレフェス2022』のレポートを、レイヤーたちの写真&コメントと共にお届けします。


コスプレイヤーに聞いた“こだわりポイント”

東京・池袋の東口エリアで、2022年10月29日、30日に開催された大型コスプレイベント『池袋ハロウィンコスプレフェス2022(略称:池ハロ2022)』。マスクの持参・着用、参加中の定期的な消毒、ソーシャルディスタンスの確保など、さまざまな感染予防対策を講じた上で行われた同イベントには、大勢のコスプレファンが集結。各所で写真撮影や交流を楽しむ姿が見られた。

パレードやギャザリング、さらにはDJパーティーなども実施され、大盛り上がりとなった同イベントを取材し、撮影させてもらったコスプレイヤーたちの写真を、レポート記事と併せてお届けしよう。

ちなみにコスプレイベントといえば、レイヤー陣の衣装を通して、その時期に旬のアニメやゲームなどを分析できるところも、参加する上での醍醐味のひとつ。池袋サンシャインシティやイケ・サンパークといった、東口エリアに点在するいくつかの会場をのぞいてみたところ、『チェンソーマン』『SPY×FAMILY』など、現在放送中のテレビアニメのキャラクターたち(に扮したコスプレイヤー)が勢ぞろい!

ほかにも、Netflixで配信中の『サイバーパンク エッジランナーズ』や、興行収入182億円突破(11月14日現在)の映画『ONE PIECE FILM RED』、2022年夏シーズンに放送されてコスプレ界隈でも好評を博した『リコリス・リコイル』など、多彩な作品のヒロインたちが集結し、それぞれに撮影のための長蛇の列ができていたのも印象的だった。そんなレイヤーたちに聞いた“コスプレに対するこだわりポイント”は以下のとおり。

「アニメのキャラクターっぽさより、実際にいそうな女の子、という雰囲気にしたほうがこのキャラには合うと思ったので、ナチュラル寄りのメイクにしたところです。普段のメイクとアニメコスプレの中間あたりを意識しました」(『DEATH NOTE』弥海砂/本田夕歩さん)

『DEATH NOTE』弥海砂/本田夕歩さん
『DEATH NOTE』弥海砂/本田夕歩さん

「メイクで特徴的なつり目を再現したところですね。ヨルさんは普段はおっとりしていて、柔らかいイメージなんですけど、戦うときはキリッとした目つきになるので。そうした“強そうな雰囲気”を出せるように、目元のメイクにはこだわりました」(『SPY×FAMILY』ヨル・フォージャー/紗愛さん)

『SPY×FAMILY』ヨル・フォージャー/紗愛さん
『SPY×FAMILY』ヨル・フォージャー/紗愛さん

「今回の衣装はコスチューム制作が得意な友達が作ってくれたんですけど、ボディラインがきれいに見えるようにぴったりのサイズで仕上げてもらったので、体型の維持には気をつけました。ミリ単位でも太るとパーツが弾け飛んでしまうくらいピチピチなので、無事に着ることができてホッとしています」(『サイバーパンク エッジランナーズ』ルーシー/音琴ひつじさん)

『サイバーパンク エッジランナーズ』ルーシー/音琴ひつじさん
『サイバーパンク エッジランナーズ』ルーシー/音琴ひつじさん

「正面からだけでなく、振り向きやしゃがんで銃を構えるポーズなど、どの向きから撮ってもらっても写真映えするように小道具を充実させたところですね。アイテムが増えるほどポージングのバリエーションも増えるので、そこは毎回こだわっています」(『リコリス・リコイル』錦木千束/猫田あしゅさん)

『リコリス・リコイル』錦木千束/猫田あしゅさん
『リコリス・リコイル』錦木千束/猫田あしゅさん

大盛況となった『池ハロ2022』につづき、コスプレが楽しめるイベントとしては年末に『コミックマーケット101』(東京国際展示場にて、2022年12月30日、31日に開催予定)が控えている。果たして、こちらの開催時にはどのような作品のコスプレに人気が集中するのか? そうした点にも注意しながら、最新のアニメやコミック、ゲームなどをチェックしておき、会場で答え合わせをするのもおもしろそうだ。


この記事の画像(全11枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

somtum_tai2

Written by

ソムタム田井

(そむたむ・たい)ライター兼カメラマン。コスプレ文化の研究家として、『ORICON NEWS』『まんたんウェブ』『WebNewtype』『ファミ通.com』『Movie Walker』など、多数のWEBサイトや書籍に寄稿。コスプレイベントの企画やキャスティングを担当しつつ、世界コスプレサミット『Co..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太