セクシーな軍服モチーフ、ゴスロリ、制服…『着せ恋』喜多川海夢に扮したレイヤーがずらり

2022.5.5
セクシーな軍服モチーフ、ゴスロリ、制服…コスプレを題材にしたラブコメ『着せ恋』喜多川海夢に扮したレイヤーがずらり

文・撮影=ソムタム田井 編集=森田真規


4月29日、30日にリアルイベントとして開催された『ニコニコ超会議2022』をはじめ、全国で徐々にコスプレも楽しめる大型イベントが再開しつつある。そうしたイベントでは、参加レイヤーたちの衣装を通して、その時期に旬のアニメやゲーム、コミックを分析できるのも楽しみのひとつだが、中には時期を問わず、コスプレ界隈では常に高い人気を誇る作品も多数存在する。

この記事では、「アニメのすべてが、ここにある。」をキャッチフレーズにリアルイベントとしては3年ぶりの開催となった『AnimeJapan 2022』(3月26日~29日、東京ビッグサイト)で撮影させてもらったコスプレイヤーたちの写真を、レポート記事と併せてお届けする。


衰えない人気を見せた『着せ恋』『シン・エヴァ』『ウマ娘』

現在放送中のテレビアニメでは、『SPY×FAMILY』が圧倒的な人気を誇り、会場では同作のキャラクターに扮して写真撮影を楽しむコスプレイヤーの姿を目にすることができた。

その一方、2022年3月でアニメの放送は終了したものの、扮するレイヤーは増えつづけているのが『その着せ替え人形は恋をする』のヒロイン・喜多川海夢。作品そのものがコスプレを題材にしたラブコメディということもあって、コスプレイヤーとの親和性は高く、「テレビアニメを観てドハマリしました」というファンも急増。

『その着せ替え人形は恋をする』喜多川海夢(衣装:ブラックロベリア)/美南ナミさん
『その着せ替え人形は恋をする』喜多川海夢(衣装:ブラックロベリア)/美南ナミさん
『その着せ替え人形は恋をする』喜多川海夢(衣装:黒江雫)/kipiさん
『その着せ替え人形は恋をする』喜多川海夢(衣装:黒江雫)/kipiさん
『その着せ替え人形は恋をする』喜多川海夢/蚕子さん
『その着せ替え人形は恋をする』喜多川海夢/蚕子さん
『その着せ替え人形は恋をする』乾紗寿叶/奏莉亜さん
『その着せ替え人形は恋をする』乾紗寿叶/奏莉亜さん

放送期間中(2022年1~3月)に衣装を用意して、4月以降のイベントで初披露というコスプレイヤーも多いようで、その人気はまだまだつづきそうだ。

また、興行収入102.8億円を記録し、2021年日本映画興行収入1位に輝いた『シン・エヴァンゲリオン劇場版』や、今年2月に1周年を迎え、さらなる盛り上がりを見せている『ウマ娘 プリティーダービー』なども変わらずに高い人気を誇る作品で、イベントではこれらのヒロインに扮したコスプレイヤーを多く見かけた。

セクシーなコスチュームを着こなした式波・アスカ・ラングレーや真希波・マリ・イラストリアス、複数名で参加して“併せ”を楽しんでいたウマ娘レイヤーもいて、取材を依頼したところ、原作の雰囲気を忠実に再現したポーズで快く撮影に応じてくれた。

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』真希波・マリ・イラストリアス/白田まいさん
『シン・エヴァンゲリオン劇場版』真希波・マリ・イラストリアス/白田まいさん
『シン・エヴァンゲリオン劇場版』式波・アスカ・ラングレー/チロルちゃんさん
『シン・エヴァンゲリオン劇場版』式波・アスカ・ラングレー/チロルちゃんさん
『ウマ娘 プリティーダービー』カレンチャン/ひなた陽さん
『ウマ娘 プリティーダービー』カレンチャン/ひなた陽さん

大盛況となった3月・4月のイベントにつづき、少し先になるものの、7月24日には『ワンダーフェスティバル2022[夏]』、8月6日・7日には『世界コスプレサミット2022 ~20th Aniversary~』、8月13日・14日には『コミックマーケット100』など、今後も全国各地でさまざまな大型コスプレイベントやコスプレも楽しめるイベントの開催が予定されている。

果たして、これらの催しではどのような作品のコスプレに人気が集中するのか? そうした点にも注意しつつ、最新アニメやゲーム、コミックをチェックしておき、会場で答え合わせをするのもおもしろそうだ。

【関連】コスプレイヤーに“推しキャラ”アンケートを実施。1位は2021年に15周年を迎えたアニメの主人公


この記事の画像(全11枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

somtum_tai2

Written by

ソムタム田井

(そむたむ・たい)ライター兼カメラマン。コスプレ文化の研究家として、『ORICON NEWS』『まんたんウェブ』『WebNewtype』『ファミ通.com』『Movie Walker』など、多数のWEBサイトや書籍に寄稿。コスプレイベントの企画やキャスティングを担当しつつ、世界コスプレサミット『Co..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太