主演作『なにがなんだか』で自身の個性を活かして魅惑的な人物を演じた木全翔也【JO1初主演ドラマ『ショート・プログラム』レビュー】

2022.3.17
木全翔也/『なにがなんだか』より

(c)あだち充・小学館/吉本興業
文=坂井彩花 編集=森田真規


2022年3月4日にデビュー2周年を迎えた、11人組のグローバルボーイズグループ「JO1(ジェイオーワン)」。あだち充の同名短編集を原作に、彼らがそれぞれ1話ずつドラマ初主演を務めた『ショート・プログラム』が3月1日よりAmazon Prime Videoにて配信されている。

QJWebでは、このドラマの概要と見どころを記したレビューを1話ずつ掲載していく。第9回は、木全翔也が主演を務めた『なにがなんだか』を紹介する。

JO1主演『ショート・プログラム』30秒|Amazonプライムビデオ

ストイックなエンターテイナー

木全翔也といえば、自他共に認める食いしん坊。『有吉ゼミ』(日本テレビ)に出演した際には「激辛チャレンジグルメ」で制限時間内にマグマ麻辣刀削麺を完食し、食に対する愛を証明した。放送では「ひっそり静かに残る」とテロップをつけられていたが、この“けっして目立たずともコツコツ”といった資質こそ木全の強み。サバイバルオーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN』のときから、さらに遡れば有名ダンススクールに通っていたときから、腐ることなく努力をつづけているのだ。

結果として、オーディションスタート時に行われたクラス分けでは、ロイヤルA(2度のクラス分けでどちらもA評価)を獲得。JO1として活動がスタートしてからもパフォーマンスの向上は留まることなく、特にラップは著しく成長している。初期こそフロウどおりになぞっている印象があったものの、最近では吐息を器用に織り交ぜながら自身のニュアンスでバースを蹴っている。

ここまでの内容をまとめると“食を愛するストイックな努力家”というイメージになってしまうが、茶目っ気たっぷりな笑顔を見せながら全力でふざけるのも彼の魅力。スティッチのものまねをしたり、ちょんまげを結ってみたり、インスタライブでアフロを被ったり。旺盛なサービス精神とパフォーマンス力の高さでオーディエンスを沸かせるエンターテイナーこそ、木全翔也なのだ。そして、普段とステージとのギャップから“憑依型”とも言われる木全。果たして演技でも“憑依”するのだろうか。

木全翔也/『なにがなんだか』より
木全翔也/『なにがなんだか』より

青春も愛も夢も詰まった作品

そんな木全が演じるのは、ブラック企業に勤めるサラリーマン・片岡圭一。社会の荒波に揉まれながらも、歌手への夢を諦められない青年だ。過酷な会社員生活に音を上げ、心の支えである文通相手の西島さとみに会うべく、ロッジ「夢風車」へ向かうところから物語はスタート。

「ようやくさとみに会える」と胸を高鳴らせたのも束の間、ロッジ宿泊者が集まって行われた自己紹介でメガネの男が「リプトン星から来たマキシマムAGF」と名乗ったことにより、全員が「なりたい自分を名乗る」という展開へ。34分という長くない尺の中に、青春も夢も愛も詰まった一作としてまとめられている。

ヒロインを演じるのは、役者のみならず文筆家や映画監督としての才能も発揮している小川紗良。監督・脚本は劇団「子供鉅人」の主宰者であり、役者としても活動している益山貴司が担当している。

小川紗良と木全翔也/『なにがなんだか』より
小川紗良と木全翔也/『なにがなんだか』より

個性を演技に活かしていく

『なにがなんだか』は、目まぐるしく状況が移り変わりながらも、スッキリとハッピーエンドにまとめられた作品だ。視聴後に大切な人と深いところでつながっている温かさや夢を諦めない気持ちの大切さを感じることができるのは、監督を務めた益山の手腕だといえるだろう。彼が作品作りで大切にしているテーマ「人間存在の悲しみと可笑しさの追求」が、本作でも濃厚に香っている。

コメディアンを名乗る人物が「楽しいふりでもしなきゃ、人生つら過ぎるでしょ。君は夢を抱いたことはないのかい」と告げるシーンは、そういった要素を感じさせる場面のひとつ。理想と現実の区別がつくようになり、無邪気に夢を追えなくなった人にこそ響くはずだ。

木全の演技もいい味を出していて、見れば見るほどクセになる。自身の個性を消して役に入り込む役者もいるが、どちらかというと彼はその逆をいくタイプ。本作では自分の魅力を演技に活かした上で、さらにそのキャラクターに“憑依”していた。表情管理能力を存分に発揮したオーバーリアクションやどこか不憫で憎めない様など、普段の木全がにじみ出ているからこそ、より愛らしく魅力的な人物に映る。作中に一瞬だけ登場する、木全によるギターの弾き語りシーンも必見だ。

『ショート・プログラム』ときめくキャラ紹介 片岡圭一(演:木全翔也)|Amazonプライムビデオ

【関連】JO1初主演ドラマ『ショート・プログラム』レビュー

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事の画像(全5枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ


  • JO1初主演ドラマ『ショート・プログラム』 (c)あだち充・小学館/吉本興業

    JO1初主演ドラマ『ショート・プログラム』

    配信開始日:2022年3月1日(火)よりAmazon Prime Videoにて独占配信中!
    作品ページ:https://www.amazon.co.jp/dp/B09PQRYF97
    出演:大平祥生、川尻蓮、川西拓実、木全翔也、金城碧海、河野純喜、佐藤景瑚、白岩瑠姫、鶴房汐恩、豆原一成、與那城奨ほか
    原作:あだち充
    脚本:山浦雅大、守口悠介ほか
    監督:渡部亮平、菊地健雄、上村奈帆、土屋哲彦、益山貴司、森谷雄
    プロデューサー:北橋悠佑、森谷雄、斎木綾乃
    制作:アットムービー
    製作:吉本興業
    (c)あだち充・小学館/吉本興業

    1話読切の短編集。あだち充ならではの青春感や切なさがふんだんに注ぎ込まれた作品集を、JO1メンバー全員が主演を務め、世代を超えて、現代に生きる視聴者にも共感・共鳴できるドラマに仕上がった。
    さらに、メンバー11人全員が出演する最終話「Dreamer」も3月14日(月)よりサプライズ配信がスタートした。


ライター_坂井彩花

Written by

坂井彩花

(さかい・あやか)1991年、群馬県生まれ。ライター、キュレーター。ライブハウス、楽器屋販売員を経験の後、2017年にフリーランスとして独立。『Rolling Stone Japan Web』『Billboard JAPAN』『Real Sound』などで記事を執筆。エンタテインメントとカルチャーが..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太