氷川きよしから「kiina」へ。そこに込められた譲れない想い「どんな区分も関係ない。ありのままに生きればいい」

氷川きよし『Happy!/森を抜けて』

※トップ画像=氷川きよし『Happy!/森を抜けて』より
文=原田イチボ@HEW 編集=森田真規


2021年12月、『NHK紅白歌合戦』に22年連続出場を決めた“演歌界のプリンス”こと氷川きよし。14日・15日に東京国際フォーラム ホールAで開催された『氷川きよしスペシャルコンサート2021 ~きよしこの夜 Vol.21~』の会場では、「kiina」のロゴが入った帽子を被り熱唱する氷川の姿があった──。

「kiina」とは、新生・氷川きよしを象徴する呼び名「kii」とナチュラル(natural)をかけ合わせた新たな愛称。多くの女性たちの心を掴むkiinaの魅力はどこにあるのか? 初めて訪れたコンサートで「あれからkiinaのことばかり考える日々」になってしまったというエンタメライターの原田イチボ氏が、ビギナー目線でkiinaの魅力に迫る。

【関連】「私、このまま生きていってもいいんやな」つづ井さんが語った自虐の向き合い方と、最近の「ない話」

ピンヒールを履いたエナメル衣装のkiinaがバイクにまたがり歌い出す

気がつけば、氷川きよしは「kiina」になっていた。フェミニンな服装に身を包んだ写真をSNSにアップし、インタビューなどで「私は私」ときっぱり宣言する。そんな“演歌界のプリンス”の大胆な脱皮に興味が湧いて、行ってきました。12月14日・15日に東京国際フォーラム ホールAにて開催された『氷川きよしスペシャルコンサート2021 ~きよしこの夜 Vol.21~』。話の種に一度は観てみるか程度の軽い気持ちだったはずなのに、あれからkiinaのことばかり考える日々です。

氷川きよしスペシャルコンサート2021~きよしこの夜Vol.21~ 12/14(火)・15(水)開催!

自分が訪れたのは、14日の夜の部公演です。公演の前半は、和服姿で演歌を歌い上げていきました。「『きよしのズンドコ節』って初めてちゃんと聴いたけど、こういう歌詞だったんだ~」という発見がありつつ、母親への愛情をしっとり歌い上げた『母』では、客席の高齢女性たちの想いがひとつになっているのを感じる。皆さんハンカチでそっと目元を拭っていらっしゃいました。

氷川きよし / きよしのズンドコ節【公式】

そして、中盤。ここからが「氷川きよし」ではなく「kiina」パートということか。ゴージャスな紫のドレスで登場し、「女も男もない」と言い切る『紫のタンゴ』、漫画家・ヤマザキマリの初作詞曲「生まれてきたら愛すればいい」とつづけて披露しました。

この「生まれてきたら愛すればいい」が大変よかった。自分はひねくれた性格であるため、ポジティブなメッセージを直球で投げかけられても、あまり刺さらないことが多い。しかし、圧倒的な歌唱力によって、「愛すればいい」「私は私」と、まさにそのとおりの生き方を体現している人に伝えられたら、もう一も二もなく信じるしかない。ちょっとやそっと斜に構えたところで、とんでもない説得力になぎ倒されるだけ。

歌で抱きしめられている、肯定されている……と余韻に浸っていたら、画面のスクリーンに「kiina」とネオン調の文字が突然ビカビカ光り、ピンヒールを履いたエナメル衣装のkiinaがバイクにまたがって再登場。急に景気がめちゃくちゃいい!

近年のアンセム「限界突破×サバイバー」も聴くことができて、大満足の2時間半でした。同楽曲はおばあちゃんたちにとってもブチ上がり曲らしく、いくつものペンライトが高らかに突き上げられていた。きっとコロナ禍以前のコンサートでは、「フッフー!」という声援も上がっていたのでしょう。

ありのままに生きればいい

この記事の画像(全9枚)


この記事が掲載されているカテゴリ

関連記事

Written by

原田イチボ@HEW

(はらだ・いちぼ)1990年生まれ。編集プロダクション「HEW」所属のライター。アイドル、プロレス、BL、銭湯サウナが好き。HEW