INI、初のファンミーティングで見せた“つながり”への意識の高さ「夢に見ていた景色が目の前にある」

2021.12.5


MINIの心を奪った「INIの愛嬌リレー」

『INI 1ST FAN MEETING』より
『INI 1ST FAN MEETING』より (c)LAPONE ENTERTAINMENT

トークコーナーでは「INIのたれこみトーク!!」と「背中で感じろ!お絵描き伝言ゲーム!」が行われた。「思わずメンバーにキュンとした出来事は?」とのお題には、「感謝の気持ちを内緒でブログに書いてくれた」と髙塚を挙げる藤牧。髙塚自身は「書きましたっけ?」と照れ隠しをしていたが、該当の記事を朗読される展開に。腰かけていたイスでクルクル回転し、悶える姿がメンバーのみならずMINIの心を和ませた。

髙塚大夢/『INI 1ST FAN MEETING』より (c)LAPONE ENTERTAINMENT

「お絵描き伝言ゲーム」では、お兄さんチームと弟チームに分かれてバトル。5:6に分かれて一列に並び、同時進行で前の人の背中に当てた紙に絵を描いていくのだが、これがなかなか難しい。「当てちゃいます!」と自信満々の松田であったが、正答の「魚」に対して「国」と回答。お兄さんチームも正しい答えを導くことができず、11人全員で罰ゲームとして「INIの愛嬌リレー」を実行。

池﨑理人(左)と西洸人(右)/『INI 1ST FAN MEETING』より
池﨑理人(左)と西洸人(右)/『INI 1ST FAN MEETING』より (c)LAPONE ENTERTAINMENT

効果音が鳴った瞬間にとっておきの愛嬌を振りまく企画ということで、バチバチのキメ顔が披露されるのかと思いきや、出だしの池﨑理人は変顔でおちゃらけて見せた。「わんわんっ」とする藤牧に、「にゃんにゃん」とする松田。尾崎が「好きな子、見ーつけた!」と笑顔を見せると、佐野は「一緒に寝よ。おやすみ」と威力抜群のセリフを繰り出した。

木村柾哉(左)と佐野雄大(右)/『INI 1ST FAN MEETING』より
木村柾哉(左)と佐野雄大(右)/『INI 1ST FAN MEETING』より (c)LAPONE ENTERTAINMENT

トークコーナーのあとはメンバーが半々ずつステージから去り、衣装チェンジを行う流れとなった。その間、ステージでは声が出せる環境下を活かして、それぞれがやってみたいコール&レスポンスを実施する。木村が「木村って言ったら、柾哉って返してください」というシンプルな要望を出す一方で、後藤は「12時になったから一緒に寝よっか?」「寝る~!」と王子様キャラを発揮。イメージキャラクターを務めることとなった米肌「肌潤モイスチャーインWクレンズ」のCM映像も公開され、MINIのトキメキが止まらない時間となった。

ダブルでオトす!米肌 Wクレンズペアムービー 髙塚さん&藤牧さん篇
米肌 肌潤モイスチャーインWクレンズ メイキングムービー

“リアル”の大切さを知る、コロナ禍で生まれたグループ

『INI 1ST FAN MEETING』より
『INI 1ST FAN MEETING』より (c)LAPONE ENTERTAINMENT

新たな衣装の11人によって披露された重厚なヒップホップサウンドの「Cardio」を皮切りに、最後の最後まで攻めの姿勢でパフォーマンスに挑んでいくINI。池﨑、西、田島とつながれていくラップは、パワフルなダンスと相まって迫力満点。王子様のようにキラキラした笑顔を見せていた面々も睨みを利かせ、セクシーな表情で惑わしていく。

締めの一曲を前に、西が「夢に見ていた景色が目の前にあって感動しているんですけど、こういう景色が見られるのもMINIの皆さんのおかげです」と語れば、許は「長い間、待っていただいてありがとうございました。末永くよろしくお願いします」と未来へ想いを馳せる。最後は、デビューシングル『A』のリードナンバー「Rocketeer」でフィニッシュ。音源やMV以上の爆発力を、生のライブでまざまざと誇示して魅せた。

『INI 1ST FAN MEETING』より
『INI 1ST FAN MEETING』より (c)LAPONE ENTERTAINMENT

アンコールの拍手に呼び戻され、上下ブラックのシンプルなルックに身を包んだメンバーが再来。彼らの始まりの楽曲である「Let Me Fly」を披露した。練習生時代から飽きるほど向き合ってきたナンバーということもあり、パフォーマンスのシンクロ率が圧倒的で余裕もにじんだ。持てるすべてをステージに刻み、INIは初めてのファンミーティングをやり切ったのだった。

限られた時間の中でMINIと心を通わせ、今できる最高の時間を作り出したINI。歌やダンスのスキルも高く、努力を怠らぬ姿勢も魅力的な彼らだが、特筆すべきは「つながろう」という意識の強さなのかもしれない。コロナ禍で生まれたグループだからこそ、リアルの場で人と会える大切さを知っている、オンライン越しの応援がパワーになることも知っている。MINIやまわり人々とつながりながら、INIの魅力を広げていく未来が楽しみでならない。

『INI 1ST FAN MEETING』(2021年11月13日昼公演)セットリスト
1.Brighter
2.RUNWAY
3.ONE
4.Cardio
5.Rocketeer
6.Let Me Fly


この記事の画像(全13枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ



ライター_坂井彩花

Written by

坂井彩花

(さかい・あやか)1991年、群馬県生まれ。ライター、キュレーター。ライブハウス、楽器屋販売員を経験の後、2017年にフリーランスとして独立。『Rolling Stone Japan Web』『Billboard JAPAN』『Real Sound』などで記事を執筆。エンタテインメントとカルチャーが..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太