乃木坂46・与田祐希には、推す人を後悔させない理由がある。あざとかわいい<与田ちゃん>を穴が開くほど鑑賞

2021.10.23
与田祐希サムネ

放送中のドラマ『日本沈没』(TBS日曜劇場)の出演でも話題を呼ぶ(小栗旬たちが通う居酒屋の看板娘!)など、大活躍の乃木坂46・与田祐希。「あざとい」とも評されるあらがい難い魅力を、アイドルを愛するライター・むらたえりかが『無口な時間 与田祐希2nd写真集』から考察。

【関連】乃木坂46、10周年の新たな挑戦『クイック・ジャパン』vol.157で70ページ徹底特集


与田祐希にかわいさを叩きつけられる写真集『無口な時間』

この子がよく聞く「与田ちゃん」か。
初めて与田祐希(乃木坂46)を認識したのは、SNSで流れてきた写真集オフショットの動画だった。
大きく切ったステーキ肉を拙い手つきで口に運び、咀嚼に合わせてうんうんとうなずいて目を細めて見せる。言ってしまえばわざとらしいその仕草を映した投稿には「食べてる姿はやっぱり5歳児・・・?!笑」とコメントが添えられていた。

与田ちゃんはかわいい。かわいいけれど、そのとき直感的に「かわいい」とは思えなかった。初めて見る彼女のオーバーな仕草の印象を、彼女そのものと捉えてもいいのかわからなくて、戸惑ってしまったからだ。

彼女はいったいどんな女の子なのか、わかりたい。そんな思いに手を引かれるようにして開いたのが、与田祐希2nd写真集『無口な時間』だ。

『無口な時間』は、与田ちゃんがシチリア・ファビニャーナ島の崖から海へ飛び込む写真から始まる。そこに写っている彼女は、わたしの親指で隠れてしまうほど小さい。けれど、笑顔で大きく身体を開いている姿から、この写真集がとても楽しく挑戦的に撮影されたものだと伝わってくる。

唇でポテトチップスを2枚挟んでアヒル口を作る様子や、ストローで唇をキュッと押し上げての上目づかい、ジェラートを鼻の頭と唇につけて「てへぺろ」的な表情。あの動画のわざとらしさから想像できる与田ちゃんそのものだ。

口からチーズをビヨーンと伸ばしての困り眉や、カフェラテだろうかクリームを口にたっぷりとつけてのカメラ目線に、つい「あざとい」なんて思ってしまった。ああ、20歳を迎える女性によるこの幼さの演出をかわいいとする世界にわたしは生きているのだ、と叩きつけられたかのように実感する。

与田祐希が見せてくれる「与田祐希」を堪能


この記事の画像(全9枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

むらたえりか

Written by

むらたえりか

ライター・編集者。ドラマ・映画レビュー、インタビュー記事、エッセイなどを執筆。ハロプロ、タレント写真集、韓国映画などが好き。宮城県出身、1年間の韓国在住経験あり。 Writer Murata Erika

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太