阿部寛『ドラゴン桜』2話 ひどい親、ひどいコーチにひどいことされても平手友梨奈は負けなかった

2021.5.9


復讐の相手は桜木ではない?

第1話、第2話共、ラストは「あいつをぶっ潰す」的な復讐を語る米山&坂本ペアだが、一度も「桜木をぶっ潰す」と言っていないのだ。必ず「あいつ」だ。
復讐の相手は、桜木ではない可能性もある。というよりも、どんでん返しが大好きなドラマだ。そう考えると、復讐の相手は桜木ではない。

では、誰か?
一番の有力候補は、桜木が信頼を寄せている岸本香(早霧せいな)。
自殺未遂騒動で桜木が事務所を閉じ、その顧客を引き受けた弁護士だ。まず、桜木が信頼を寄せている人物ということで、どんでん返しにピッタリの人物であること。
自殺未遂騒動で顧客を得て直接利益を得ている人物であることから、週刊誌にリークしたのが岸本である展開はじゅうぶんに考えられること。
そう考えると、復讐の相手は岸本香という説もじゅうぶんあり得る。だが、岸本香の出番が今のところ少ないので、この説はちょっと弱いかもしれない。素直に桜木の野望を阻止する不穏な存在なのかもしれない。

どちらにしろ、米山と坂本ペアは、今後物語の重要なキーとなりそうだ。

復讐の相手は桜木なのかそれとも?(3話より)/日曜劇場『ドラゴン桜』(C)TBS
復讐の相手は桜木なのかそれとも?(3話より)/日曜劇場『ドラゴン桜』(C)TBS

岩崎楓の両親がひどい

第2話は、平手友梨奈が演じる岩崎楓の活躍回だった。
岩崎楓は、バドミントンのトップ選手。次の試合で大学推薦が決まる。だが、岩崎楓は脚をケガしていて、それを隠しているのだ。大切な試合で、やはり故障が爆発してしまう岩崎楓。大学推薦は、ダブルスを組んでいた清野利恵(吉田美月喜)に決まってしまう。

岩崎楓の両親が、まあ、ひどい。

病院の廊下で、ケガした娘を平手打ち。
「ケガにも気づかないコーチには任せておけん」とバドミントン部を辞めさせようとする。自分たちも気づかなかったくせに!
しかも父親が厳しかったら、母親は止めたりおろおろしたりするのがドラマ黄金パターンなのだが、ここの両親は双方ガチガチの厳しいキャラで、ふたりで楓を追い詰める。

勉強をやろうと参考書を買ってきた楓にこう言うのだ。

「そんな悠長なことやってる暇あるか。勉強なんて何の才能もない人間のやることだ」。
そんなことよりも練習だ、と。どこまでスパルタなのか。東大を目指すことにした岩崎楓に立ちふさがる最初の大きな障害となるのは、このふたりだろう。


コーチと清野への制裁はない

クズ人間キャラは、もうひとりいる。コーチだ。
コーチと清野利恵はデキていた! ナンバー2の清野が大学の推薦をゲットするには岩崎楓が邪魔だ。コーチは、岩崎楓のケガに気づきながら激しい練習を強いて潰そうとしていたのだ。

左遷や土下座の大人組織のドラマ『半沢直樹』(TBS)と違って、コーチと清野への制裁はない。
それどころか、岩崎楓は、次の試合で清野を励まし応援する。
「泣かない。勝つんでしょ。それにさ、あんた、こんなところで終わるたまじゃないよ。負けたら許さないから。チームのために行ってきて」。

と許す。さらに、コーチすらひとまず許すのだ。
少なくとも2年以上はバトミントンができない状況に陥れられたというのに、岩崎楓は強い。前向きだ。

「私を東大に合格させて。東大でスポーツ医学を勉強してみたい。それで選手として復活してオリンピックに行く。選手を引退したあとは、スポーツ医学で若い選手をサポートする。それが私の人生プラン」。

めちゃくちゃいいことを言う岩崎に、桜木は「ふざけたことぬかすな!」と怒鳴る。ひとまずなんでも罵倒しておかないと、その後の叱咤激励ができないクセが抜けないのか。

最高にカッコよかった平手友梨奈(右)も東大を目指すのか(3話より)/日曜劇場『ドラゴン桜』(C)TBS
最高にカッコよかった平手友梨奈(右)も東大を目指すのか(3話より)/日曜劇場『ドラゴン桜』(C)TBS

第2話は、岩崎楓を演じる平手友梨奈がすごかった。目ヂカラの強さ。バトミントンの試合シーンの迫力(短いカットの連続でテンポ抜群。岩崎の目のアップ、跳ぶ足、そしてスマッシュする瞬間を、斜め正面、左うしろ、右うしろ、下から、連続でアングルを切り替えて見せるカッコよさ。そのフォルムの美しさ)。仲間を励ますときの表情。欅坂46「不協和音」を連想させるグーパンチのポーズ。見どころ満載であった。

次回、第3話、いよいよ東大専科授業開始だ。

『ドラゴン桜』5/9(日) #3 東大専科、授業開始!! 落ちこぼれvs学園トップの秀才【TBS】


この記事の画像(全3枚)



  • (3話より)/日曜劇場『ドラゴン桜』(C)TBS

    『ドラゴン桜』

    出演:阿部寛、長澤まさみ、高橋海人(King & Prince 高は正式には「はしご高」)、南沙良、平手友梨奈、加藤清史郎 ほか
    原作:三田紀房『ドラゴン桜2』(コルク)
    脚本:オークラ、李正美、小山正太
    音楽:木村秀彬
    プロデューサー:飯田和孝、黎景怡
    演出:福澤克雄、石井康晴、青山貴洋

    関連リンク


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

米光一成

Written by

米光一成

米光一成 (よねみつかずなり)ゲーム作家/ライター/デジタルハリウッド大学教授/日本翻訳大賞運営/東京マッハメンバー。代表作は『ぷよぷよ』『はぁって言うゲーム』『BAROQUE』『はっけよいとネコ』『記憶交換ノ儀式』等、デジタルゲーム、アナログゲームなど幅広くデザインする。池袋コミュニティ・カレッジ..

CONTRIBUTOR

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太

QJWebはほぼ毎日更新
新着・人気記事をお知らせします。