心に刺さるお笑い芸人たちの名曲について

2020.7.16

文=かんそう 編集=鈴木 梢


テレビ番組のイメージソングやコントのキャラクターソングだけでなく、純粋な歌手活動をするお笑い芸人も昔から少なくない。それらは片手間というわけでもなく、過去には数々の名曲が誕生し、人々の心に深く残り、時に突き刺さっている。今回はそんな、お笑い芸人による名曲たちを紹介する。


お笑い芸人が歌うオリジナルソング

先日、YouTuberの「しゅーじまん」こと、三四郎の相田周二が突然オリジナルソング『Standby』を配信リリースした。

しゅーじまん『Standby』MV

『Standby』はストリングスとピアノが美しい心洗われるミディアムバラード。で、ラジオやナレーションで培ったしゅーじまんの聴き取りやすい低音ボイスが本人が手がけた歌詞の世界観に絶妙に絡み合い、気力を失くしその場に留まりつづけてしまう鬱屈とした感情と、それでも前に進みたいという希望の板挟みで揺れる主人公の気持ちが痛いほど胸に響いてくる。聴いたその日、私は歌詞のとおりあらゆる予定をキャンセルし、一日中家で寝てしまった。

ギャグなし、おふざけなしのその本気っぷりはしゅーじまんとプライベートでも親交があり、同じオールナイトニッポンのパーソナリティでもある菅田将暉やCreepy Nutsからも「普通にいい曲」「イカれてる」と感嘆&驚愕の声が上がっていた。

この『Standby』だけに限らず、私はお笑い芸人が歌う曲がとても好きだ。

今回はそんなお笑い芸人がリリースしたさまざまな楽曲の中でも特に心に残ったものをいくつか紹介しながらその変遷を辿っていきたい。

「お笑い芸人」という職業とのギャップがたまらない楽曲

まず初めに紹介したいのが、私がカラオケに行った際に必ず歌う楽曲、猿岩石の『白い雲のように』だ。『進め!電波少年』のユーラシア大陸横断ヒッチハイクの企画後にリリースされた楽曲で、帰国後に爆発的な人気を誇った猿岩石のブレイクのキッカケになった曲でもある。

猿岩石
猿岩石『白い雲のように』

藤井兄弟(藤井フミヤ、藤井尚之)が手がけた、風が吹き抜けるような爽やかさと一抹の切なさがミックスした曲で、何より猿岩石(有吉弘行、森脇和成)によるノスタルジックな歌声が本当にたまらない。以前、通勤途中に『白い雲のように』がイヤホンから流れてきたとき、曲のあまりの開放感に突然キレイな空が見たくなり、そのまま会社をサボって山登りに行ったことすらある。

冒頭の『Standby』やこの『白い雲のように』をはじめ、ビートたけしの『浅草キッド』や、ダウンタウン浜田雅功と槇原敬之の『チキンライス』など、お笑い芸人という普段は「ふざけ倒すのが仕事」の職業だからこそ、楽曲で見せる本気の一面とのギャップは非常にたまらない。

お笑い芸人としてのキャラクターが前面に押し出された楽曲


この記事の画像(全4枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

Written by

かんそう

1989年生まれ。ブログ「kansou」でお笑い、音楽、ドラマなど様々な「感想」を書いている。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太