「コンシーラーやリップティントで形を変えて、ぷるんとした桜色の唇に」『ファイナルファンタジー』ヒロインに扮するコスプレイヤーたちの“こだわり”

2023.11.24
(左から)鬼怒零さん、つやぴかゆっけさん、鹿乃つのさん

文・撮影=ソムタム田井 編集=森田真規


2023年9月21日~24日に開催された『東京ゲームショウ2023』の会場で、人気ゲームのキャラクターに扮したコスプレイヤーたちの写真とともに、“衣装やメイクに対するこだわりポイント”について聞いたレポートをお届けします。


コスプレイヤーに聞いた“衣装やメイクに対するこだわりポイント”

コスプレイベントといえば、会場を彩るレイヤーたちの衣装を通して、その時期に旬のアニメやマンガ、ゲームなどを分析できるところも、参加する上での醍醐味のひとつ。

10月末に実施された『池袋ハロウィンコスプレフェス2023』に続き、『東京コミコン2023』(12月8日~10日、幕張メッセにて開催)や『コミックマーケット103』(12月30日・31日、東京ビッグサイトにて開催)など、コスプレも楽しめる大型イベントは11月以降も全国各地で続々と開催される。

この記事では“世界最大規模のゲームの展示会”として知られる『東京ゲームショウ2023(以下、TGS2023)』(会場:幕張メッセ)を取材し、撮影させてもらったコスプレイヤーたちの写真を掲載。それぞれに聞いた“コスプレに対するこだわりポイント”と併せて紹介する。

ちなみに『TGS2023』は2023年9月21日~24日にかけて開催され、4日間で24万3238人ものゲームファンが来場。最新ゲームの試遊コーナーをはじめ、豪華ゲストが登壇するステージ企画やeスポーツ大会、会場限定グッズの販売など見どころとなる要素が満載で、いずれも好評を博していた。

そんな『TGS2023』を沸かせたレイヤー陣の衣装を見てみると、やはり同イベントが“ゲームの祭典”ということもあってか、ゲームキャラクターに扮していた参加者が多め。特に『ファイナルファンタジー』や『ポケットモンスター』といったRPG作品は人気で、こだわりの光る衣装を着こなすレイヤーが続々と集結。写真撮影を楽しんだり、コスプレ衣装のまま出展ブースを見て回る姿が各所で見られた。

「『ファイナルファンタジーVII』はずっと大好きな作品で、その中でもティファは最推しのキャラクターなんです。思い入れが強すぎて、今までコスプレできずにいたんですけど、『せっかく『TGS』に行くのなら、一番好きなキャラのコスプレで参加したい!』と思い、今回初めて挑戦しました。こだわったポイントはいくつかありますが、一番がんばったのはボディメイクですね。ティファならではのしなやかで鍛え抜かれた身体をどうしても再現したくて、5月ごろから筋トレに励んできました。そのこだわりを写真からも感じ取ってもらえるとうれしいです。
衣装に関しては、『FFVII』を象徴するアイテムである“マテリア”の造形にこだわりました。最新のゲーム画面と照らし合わせながら、マテリアの土台となる腕輪も自作で用意しました。それともう一点、今回はリップメイクもがんばったので見ていただきたいです。ティファの唇は桜色でぷるんとしていて、口角も上がっていて本当にかわいいので、コンシーラーやリップティントで唇の形を変えて、いつも笑顔でかわいく見えるように工夫しました」(『ファイナルファンタジーVII リメイク』ティファ・ロックハート/つやぴかゆっけさん)

『ファイナルファンタジーVII リメイク』ティファ・ロックハート/つやぴかゆっけさん
『ファイナルファンタジーVII リメイク』ティファ・ロックハート/つやぴかゆっけさん

「今回の『TGS』では、シリーズ最新作『ファイナルファンタジーVII リバース』の新情報が発表される……と聞いていたので、『だったら『FFVII』のコスプレで参加して、その盛り上がりを直に体感したい!』と思い、ティファの衣装を用意しました。こちらは背中が大きく開いたドレス衣装なんですけど、うしろからでもきれいに撮ってもらえるように背筋の筋トレをがんばったところもこだわったポイントです」(『ファイナルファンタジーVII リメイク』ティファ・ロックハート/のぞみさん)

『ファイナルファンタジーVII リメイク』ティファ・ロックハート/のぞみさん
『ファイナルファンタジーVII リメイク』ティファ・ロックハート/のぞみさん

「こちらは完成までに丸1年を費やした、こだわりの詰まったコスプレ衣装になります。本来なら、右腕にガトリングガンを装着して完成なのですが、『TGS』には『50cm以上の長物は使用不可』というコスプレ規約がありまして……今回はガトリングガンの写真を拡大コピーして、ボードに張りつけたもので代用しました。それとバレットはかなり大柄な体格なので、それを再現するために肉襦袢(にくじゅばん)を用意して。アクリル絵の具で肌の色味も調整しつつ、完成度を高めました」(『ファイナルファンタジーVII リメイク』バレット・ウォーレス/鬼怒零さん)

『ファイナルファンタジーVII リメイク』バレット・ウォーレス/鬼怒零さん
『ファイナルファンタジーVII リメイク』バレット・ウォーレス/鬼怒零さん

「先輩レイヤーさんから“ポケモン併せ”に誘ってもらったことで存在を知ったキャラクターなんですけど、実際にコスプレをしたことで愛着が湧いて、そのあとゲームもしっかりプレイして、ナンジャモちゃんのマルチな才能と努力家なところにドハマりしました。今回、一番こだわったのはウィッグの造形です。もともとはストレートなツインテールの状態で届いたものを、2時間かけてふわふわの状態に仕上げました。重くならないように、毛先の丸い部分には発泡スチロールの球を使っています。そのほかにも前髪のリボンは、水溶きボンドでカチカチに固めたりして。随所にこだわりが詰まっているので、こうしてお披露目することができてすごくうれしいです」(『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』ナンジャモ/鹿乃つのさん)

『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』ナンジャモ/鹿乃つのさん
『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』ナンジャモ/鹿乃つのさん

大盛況となった『TGS2023』や『池ハロ2023』に続き、QJWebでは今後も全国各地で実施されるさまざまなコスプレイベントに取材参加し、リポート記事を作成していく。連載形式で順次アップする予定なので、こちらもご期待いただきたい。


この記事の画像(全11枚)


この記事が掲載されているカテゴリ

somtum_tai2

Written by

ソムタム田井

(そむたむ・たい)ライター兼カメラマン。コスプレ文化の研究家として、『ORICON NEWS』『まんたんウェブ』『WebNewtype』『ファミ通.com』『Movie Walker』など、多数のWEBサイトや書籍に寄稿。コスプレイベントの企画やキャスティングを担当しつつ、世界コスプレサミット『Co..

QJWebはほぼ毎日更新
新着・人気記事をお知らせします。