補償なくして、自粛はつづけられない。DJ NOBUや寺田学議員らが官房長官へ直訴

2020.3.28

音楽を愛するひとりの政治家として、クラブやライブハウス、DJやスタッフの方々の苦しい立場をどうにか助けたいという思いが先にありました。
このままでは、クラブやライブハウス業界が死んでしまう、文化が死んでしまうと。

どのような業界であれ、苦しんでいることは同じですが、音楽業界と政治をつなげられるのは自分しかいないと自負し、行動しました。幸いなことに官房長官がふたつ返事で面会の機会を用意してくれたので、まずは大きな突破口を開こうと、DJ NOBUさんに同行をお願いし窮状を訴えてもらいました。

政府としては、特定の業種だけを救済することで他業種から苦情が来ることを懸念しているようですが、迅速な判断と対応を求めています。

NOBUさんが官房長官に直訴したこともあり、諦めていた人、見捨てられていると思っていた人たちが声を上げ始めています。

壁は高いですが、大きな声と共に、無関心だった政治の世界の人たちに浸透をはかり、どのような形であれ、この業界の方々が今後も安心して音楽活動、文化活動をつづけていけるように、努力したいと思います。

もともとテクノミュージックのリスナーであり、議員になってからも家族とともにクラブイベントや野外音楽フェスへ足を運んでいるという寺田議員。衆議院議員として、そして音楽を愛するひとりのリスナーとして、DJ NOBUらの音楽業界に対する思い、そして行動しようする気持ちの強さに心を打たれたのだという。

寺田学
寺田議員が音楽フェス『RAINBOW DISCO CLUB 2016』にプライベートで訪れた際の写真

カルチャーの裏側には、それを支える人々の暮らしがある

週末のライブや舞台を心待ちにしていた日々も今は遠くに感じるようになってしまった。しかし、カルチャーの現場に立つ彼らは今も闘っている。

翻って、リスナーとして、観客としての私たちはどうだっただろうか。

当たり前のように享受していたカルチャーの裏側に、それを支える人々の暮らしがあることを、現実のものとして想像していただろうか。身近にあるはずの政治の問題から目を背けていなかっただろうか。

ライブハウスや劇場はただの“箱”ではない。音楽が鳴り、人々の声が響くからこそ、そこに文化が生まれる。この問題の重心は、ライブハウスや劇場のスタッフやアーティストだけではなく、カルチャーに救われてきた私たちの側にもある。音楽や文化を愛するひとりとして、考えつづけることを止めてはいけない。音楽の鳴る日常に再び回帰するために。


#SaveOurSpace」では3月30日までに10万筆の賛同署名を目標にしており、31日には記者会見も予定。3月28日23時現在、すでに4万筆が集まっている。サイトでは5人の発起人のほか、 坂本龍一、後藤正文、オカモトレイジ(OKAMOTO’S)、水原希子など多くの賛同人の名前が確認でき、随時追加されている。

“#SaveOurSpace”

【以下、3月30日19時追記】

メールで取材を申し込んでいた、「#SaveOurSpace」発起人のひとりであるDJ NOBUからの回答を掲載する。

3月30日追記:DJ NOBUコメント「みなさんも責任を持って真剣に」


この記事の画像(全1枚)


この記事が掲載されているカテゴリ

山本大樹

Written by

山本大樹

(やまもと・だいき)編集・ライター。1991年生まれ、埼玉県出身。明治大学大学院にて人文学修士(映像批評)。編集プロダクション勤務を経て、2019年に独立。現在『クイック・ジャパン』外部編集・ライターのほか、『BRUTUS』、『オードリーとオールナイトニッポン』シリーズ、『三四郎のオールナイトニッポ..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太