SEVENTEENが課した“バラエティミッション”。涙と感謝を胸に決意を新たにした15人【『&AUDITION - The Howling -』レポート#4】

『&AUDITION - The Howling -』レポート#4

文=坂井彩花 編集=森田真規


世界で活躍するアーティストを生み出すべく、BTSの生みの親でHYBE議長のパン・シヒョクがスペシャルアドバイザーを務め、HYBE LABELS JAPANが仕かけるオーディション『&AUDITION』。その模様を追いかける番組『&AUDITION - The Howling -』(読み:エンオーディション ザ・ハウリング)の第3話では、2ndラウンドの“コンセプトミッション”に挑むNICHOLASチーム、Kチーム、TAKIチームの様子が配信された。

7月30日に公開された第4話では、3rdラウンド“SEVENTEEN レジェンダリーミッション”に挑戦する3チームに密着。振り付けの創作と向き合い、追加で発表されたミッションに挑み、本音を語る15人の模様が届けられた。


FUMAがリーダーシップを発揮した「C Riders」チーム

3rdラウンドの“SEVENTEEN レジェンダリーミッション”が発表された翌日から練習はスタート。各チームで集まり、グループ名やリーダーを決め、割り振られた楽曲の振り付けを創作していく。

「CALL CALL CALL!」に挑戦するのは、FUMA・JUNWON・MINHYUNG・NICHOLAS・YEJUN。SEVENTEENのパフォーマンス映像をモニタリングすると、コンセプト決めからクリエイティブが始まった。

NICHOLASが「曲の雰囲気について考えてみた人いる?」と問いかけると、「どこかへ出かけたくなる感じとか?」とJUNWON。つづいてFUMAが「今回のミッションは“創作”だし、僕たちならではの雰囲気やコンセプトを表現したい」と話し、ミッションに対する理解度の高さからリーダーに就任することになった。

チーム名を決める際には、アイデアが浮かばずに頭を抱える場面もあったが、ここでもFUMAが活躍。「ライダースは? 日本に仮面ライダーっているじゃん。パワフルな感じと曲のコンセプトに合わせて」と提案し、チーム名は「C Riders」に決定した。

順調にダンスの制作を進めていくC Riders。リーダーのFUMAは、メンバー一人ひとりに寄り添った丁寧なティーチングを行っていた。

順調に創作ダンスを仕上げていく「C Riders」チーム (c)HYBE LABELS JAPAN
順調に創作ダンスを仕上げていく「C Riders」チーム (c)HYBE LABELS JAPAN

最後のチャンスで逆転を目指す「Full Count」チーム

「HOME;RUN」に挑戦するのは、EJ・GAKU・HARUA・JO・MAKI。ミッション曲をノリノリで鑑賞すると、テーマの落とし込みから創作が始まった。EJは「このメンバーの歳に合った雰囲気を出したいね」と話し、HARUAも「大人でも子供でもない時期にしかできないような(パフォーマンスをしたい)」と提案。その会話をもとに、EJが「一番記憶に残っているのは……修学旅行」と言うと、テーマのイメージが一気に広がっていった。“年齢に合った少年らしさ”をキーワードに、5人は「HOME;RUN」を表現していくことに。

チームをまとめていくリーダーは、振り付けを作った経験があるということでGAKUに決定した。グループ名は“ホームラン”から連想し、EJが野球用語で“逆転できる最後のチャンス”という意味もある「Full Count」を提案。今のチームの境遇と重なるところもあり、ほかのメンバーも拍手でEJの案を受け入れた。

いざダンスの創作が始まると、アイデアが爆発してしょうがない様子のGAKU。そんな彼を見て、HARUAは「やっぱりGAKU君しかいないなと思いました」とコメントした。

GAKUが中心になってダンスを創っていた「Full Count」チーム (c)HYBE LABELS JAPAN
GAKUが中心になってダンスを創っていた「Full Count」チーム (c)HYBE LABELS JAPAN

キュートなかけ声も決まった「わんわん」チーム

「Oh My!」に挑戦するのは、HAYATE・HIKARU・K・TAKI・YUMA。完全集中して楽曲を視聴すると、イメージのラフを共有していった。リーダー決めの際にはKの名前が最初に挙がったが、当のKは「やってない人がやってみるのもおもしろいんじゃないかな。みんなが意見できる環境だし、メンバーだと思うから」と、ほかのメンバーがリーダーになることを提案。するとHIKARUがHAYATEを推薦し、Kの「前から引っ張るだけがリーダーじゃない。うしろから支えるリーダーもいる」という言葉もあと押しになり、HAYATEがリーダーに就任した。

そのあとは、HAYATEが率先して振り付けの創作を仕切っていった。YUMAもアイデアを出し、チーム一丸となって順調に進めていた。決めるのがあと回しになっていたチーム名も、リーダーのHAYATEが「長過ぎたら変。『わんわん』とか短くてよくない?」というひと言をもとに、「わんわん」に決定。「GOわん!GOわん!GOわん!」というかけ声もできて、チームの息はぴったりだ。

メンバーにいたずらを仕かけるなど、リーダーとしての余裕も見せていたHAYATE (c)HYBE LABELS JAPAN
メンバーにいたずらを仕かけるなど、リーダーとしての余裕も見せていたHAYATE (c)HYBE LABELS JAPAN

ある手紙に涙するメンバーたち

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事の画像(全8枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

ライター_坂井彩花

Written by

坂井彩花

(さかい・あやか)1991年、群馬県生まれ。ライター、キュレーター。ライブハウス、楽器屋販売員を経験の後、2017年にフリーランスとして独立。『Rolling Stone Japan Web』『Billboard JAPAN』『Real Sound』などで記事を執筆。エンタテインメントとカルチャーが..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太