合宿審査がスタート。SKY-HI「人生を懸けてくれた参加者のために」【『THE FIRST -BMSG Audition 2021-』レポート#8】



創造力が試されるクリエイティブ審査

今回の合宿における大きな特徴のひとつは、午前中をまるっと基礎練習に割いていることだろう。これはSKY-HI自身が、「もっと若いときから基礎をやっておけばよかった」と後悔しているからこそ。

「カミツレベルベット」に合わせて腹筋をしたり、「Snatchaway」に合わせて体幹トレーニングをしたり。毎日、45分間踊りっぱなしのスケジュールをこなしていく。もちろんダンスだけではなくて、ボイストレーニングも組み込まれている。ただ歌うだけでなく、心・技・体で表現することを学んでいった。

午前中は基礎にがっつり打ちこむ一方、午後は審査課題を詰めていく。1回目の審査会の内容は、クリエイティブ審査だ。5人ひと組のチームになり、審査のために用意されたトラックにメロディー・歌詞・振りをつけて曲を完成させる。各チームにはラップが得意なメンバー、作詞・作曲の経験があるメンバー、ダンスが得意であったり振り付けを作る能力があるメンバー、さらに未経験のメンバーがバランスよく配置された。

気になる審査用トラックは、SKY-HI「New Verse」のプロデュースを手がけたMatt CabとMATZが制作した。思わぬ豪華ゲストの登場に、参加者たちは驚きを隠せない様子だった。

『THE FIRST』を体現するチームC

つづいて、各チームの制作の様子が放送された。チームCのメンバーは、ルイ、レイ、シュント、タイキ、ショウタである。

楽曲のテーマを固めていく際には「内側からサビで広がっていく」「雨上がり感」「通勤」など、自由なイメージをそれぞれが発言。メンバーの意見を交えながら、共通するテーマを探っていく。話し合いは、作詞・作曲経験のあるショウタを中心に展開された。それぞれのよさを活かしながら意見をまとめていく姿には、「ショウタがリーダーシップを完璧なかたちで発揮している」とSKY-HIも絶賛だった。

それぞれがメロディーラインを自由に歌いながらアイデア出しを行った際、未知なる可能性を魅せたのは未経験のレイだ。固定概念に捉われることがなく、メロディアスなラインは、思わずMattが「今のサビ、ハンパないですね!」とこぼしてしまうほど。SKY-HIも「信じられないくらいのメロディーセンスを持っている。曲を作るのが初めてで、このラインができるの?」と驚きを隠せない様子だった。

さらに、そんなレイを見て喜ぶチームメンバーを見て、「クリエイティブファースト、クオリティファースト、アーティシズムファーストを体現しているチームCの曲は、『THE FIRST』そのものと言っても過言ではないかもしれない」と称賛した。


雲行きの怪しいチームB

チームCが大絶賛される一方、渋い評価となったのがチームBだ。メンバーは、ジュノン、ラン、リュウヘイ、リョウキ、シュンスケの5人である。

曲のテーマを話し合う段階から「青空が浮かんだ」「空の下のパーティー」「ライブステージ」など、それぞれが思いつきで意見を出すだけでまとまらない。SKY-HIから「ノリで歌っていってふくらませることもできるよ」と助け船を出されるも、誰も動き出すことがなかった。

どこかギスギスした空気のなか、先陣を切ったのは未経験のリョウキだった。「やり方は、わからないけど……」と言いながらも、マイクの前でグルービーなフロウをかました。そのあとにほかのメンバーがつづく展開が期待されたが、誰も立ち上がろうとせず、無情にも時だけが過ぎていった。

話し合いにおいても、リョウキが指揮を取っていく。どうにかして構成をまとめようと尽力するも、それぞれの意見がぶつかって形にならない。あまりにも話がまとまらず、SKY-HIから「宿題を出したほうがいいかもね」と言われる結末だった。

次回、課題制作で浮かび上がる参加者たちの苦悩が明かされる

5月28日に放送される#9では、チームAの課題制作の模様やパフォーマンスが披露される予定だ。合宿を通して徐々に見えてくる、それぞれのキャラクターにも注目しながら追いかけてほしい。

【『THE FIRST -BMSG Audition 2021-』#9放送&配信予定】
■2021年5月28日(金)朝8:00~『スッキリ』(毎週月~金曜朝8:00~10:25、日本テレビ系)
番組URL:https://www.ntv.co.jp/sukkiri/
※放送日時変更の可能性あり

■5月28日(金)20:00~『Hulu』
番組URL:https://www.hulu.jp/the-first-bmsg-audition-2021


この記事の画像(全79枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ



ライター_坂井彩花

Written by

坂井彩花

(さかい・あやか)1991年、群馬県生まれ。ライター、キュレーター。ライブハウス、楽器屋販売員を経験の後、2017年にフリーランスとして独立。『Rolling Stone Japan Web』『Billboard JAPAN』『Real Sound』などで記事を執筆。エンタテインメントとカルチャーが..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太