【きのうのテレビ:4/2】現実感がない、志村けん追悼番組(てれびのスキマ)

131
2020.4.2


毎夜ライフワークとしてテレビを観つづけ、テレビに関する著書やコラムを多数執筆する、てれびのスキマによる新連載。昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、2020年のテレビ鑑賞記録。

※全録レコーダーで順次視聴しているため、昨日観た番組は必ずしも昨日オンエアされたものに限りません。

昨日観た番組:志村けん追悼、『相席食堂』『ネコメンタリー』

水曜『ヒルナンデス』の新レギュラーに阿佐ヶ谷姉妹。オードリー、和牛のレギュラー陣は最強なんじゃないか。

志村けん追悼番組。多くの人がそうだったと思うけど、どうしても 『木梨憲武さんを偲んで…』(※)を思い出してしまう。それくらい現実感がない。物悲しい音楽が流れていることにダメ出しする出演者に象徴されるように明るく送ろうという強い意志を感じた。加藤茶が元気なのがうれしい。

※1991年、『とんねるずのみなさんのおかげです』にて木梨憲武が死亡したという設定で、追悼特番を生放送したドッキリ企画。

TVerで『相席食堂』。ロケをするのはパンサー尾形とサンシャイン池崎。池崎のロケがおもしろくなりそうなのは、彼の人柄から予想がついたけど、千鳥に「ロケ詐欺師」と形容された尾形のがんばりもおもしろかった。ノブ「頼むからちょっとギャラ上げてあげてくれ」。

『ネコメンタリー』×尾崎将也。6匹の猫と暮らす夫婦。ほとんどしゃべらない夫のまわりを猫が行き交う。癒やし。妻の言葉に夫が返事をしない感じとか、すごく「生活」を感じさせた。

『ハイパー ハードボイルド グルメリポート』今回も凄まじかった。フィリピンで貧困の中、働きながら暮らす子どもたち。その過酷な仕事を「仕事が僕の遊び場のようなものだから」と楽しそうにしているのがまた胸を締めつけられる。『おはスタ』のセットをバックに小籔が言う「答えがわからん」。

『太田伯山』にミキ。亜生の「“かわいさ”って芸人にとって邪魔じゃないですか?」という悩みに、相変わらずあらぬ方向に話が飛んでいく。タレントが売れる条件に「かわいげ」があると思うけど、「かわいさ」と「かわいげ」ってたぶん違っていて、その違いはなんだろうと考えてしまった。

今日観たい番組:『勇者ああああ』『探シタラTV』など

『勇者ああああ』(テレビ東京)はR-1優勝の野田クリスタル凱旋企画「野田フレンドパークⅡ」。バナナマン設楽の新番組『探シタラTV』(テレビ朝日)スタート。初回ゲストは劇団ひとり。『徹子の部屋』(テレビ朝日)45年目突入SP。ゲストにマツコ・デラックス、木村拓哉!


てれびのスキマ

WHAT'S NEW新着

あなたにはこちらもおすすめ