【追悼・アントニオ猪木】夢の直接対決を描いた『グラップラー刃牙 外伝』全200ページを緊急無料配信

2022.10.7
『グラップラー刃牙外伝』

文・編集=QJWeb編集部


秋田書店は、2022年10月1日(土)に逝去したアントニオ猪木氏を偲び、猪木氏をオマージュしたキャラクター「猪狩完至」の活躍を描いた『グラップラー刃牙 外伝』全200ページを2022年10月6日(木)より『マンガクロス』上にて無料配信している。


猪木vs馬場の夢の対決を描く

1999年に秋田書店より刊行された『グラップラー刃牙 外伝』はプロレス界の二大巨頭、マウント斗羽とアントニオ猪狩(猪狩寛至)が長年の決着をつけるため、東京ドームで激闘を繰り広げるという内容。

『グラップラー刃牙 外伝』より

本作発表当時、ジャイアント馬場氏が逝去、アントニオ猪木氏が引退というかたちでリングから姿を消し、現実世界での直接対決は実現し得なくなっていた。この作品はそのファンの夢をマンガで描いたもの。

『グラップラー刃牙 外伝』より
『グラップラー刃牙 外伝』より

10月1日に逝去したアントニオ猪木氏の冥福を祈ると共に、『マンガクロス』にて『グラップラー刃牙 外伝』を緊急掲載することとなった。

作者・板垣恵介コメント

予兆があったとはいえ、やはり急すぎる訃報だった。20年以上も以前(まえ)の作品だけど、新たな追悼作品完成までの今暫く、宜しければお楽しみください。


週刊少年チャンピオン編集部のコメント

日本の格闘技マンガはアントニオ猪木さんからとてつもなく大きな贈り物をいただいてまいりました。
作品に描かれた戦う者の豊かな物語は、そのほとんどを猪木さんに源流を持っております。
アントニオ猪木さん、本当にありがとうございました。
感謝の心をこめて、板垣恵介先生がプロレスの夢を渾身の力で描かれた「グラップラー刃牙外伝 猪狩vs斗羽」を今あらためて読者に届けたいと思います。
ご冥福をお祈りします。


この記事の画像(全6枚)




関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

Written by

QJWeb編集部

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太