『第43回ABCお笑いグランプリ』決勝1stラウンド対戦グループ決定!歴代王者のゲスト漫才も

2022.7.4

文・編集=QJWeb編集部


7月10日(日)に決勝を迎える『カーネクスト Presents 第43回ABCお笑いグランプリ』の、ゲスト漫才3組と決勝戦進出した12組の1stラウンド対戦グループが発表された。


決勝戦進出12組 1stラウンド対戦グループ

漫才・コント・ピン芸……なんでもアリの笑いの異種格闘技『ABCお笑いグランプリ』は今年で43回を迎える。全国の若手お笑い芸人608組がエントリーし、最終予選などを経て、ついに、7月10日(日)に決勝戦が開催される!

決戦の場には、東京勢8組、大阪勢4組の計12組が出場、うち10組が決勝戦初出場となる。608組の頂点に立つには、1stラウンド(A・B・C 各3グループで対戦)と決勝ラウンド(各グループを勝ち抜いた3組で対戦)を制さなければならない。12組はどんな絶品ネタを繰り出すのか!?

Aグループ

青色1号(太田プロダクション)
かが屋(マセキ芸能社)
こたけ正義感(ワタナベエンターテインメント)
ドーナツ・ピーナツ(吉本興業)

Bグループ

ダウ90000(YOU GO sign)
天才ピアニスト(吉本興業)
ハノーバー(松竹芸能)
令和ロマン(吉本興業)

Cグループ

カベポスター(吉本興業)
Gパンパンダ(ワタナベエンターテインメント)
フランスピアノ(グレープカンパニー)
ヨネダ2000(吉本興業)

ゲスト漫才は“王者”3連発

『第41回ABCお笑いグランプリ』王者
コウテイ
『第42回ABCお笑いグランプリ』王者
オズワルド
『M-1グランプリ2019』王者
ミルクボーイ
この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事の画像(全16枚)


この記事が掲載されているカテゴリ



Written by

QJWeb編集部

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太