『シン・エヴァンゲリオン劇場版』を“父殺し”で考察 星一徹から碇ゲンドウへ

2021.4.3


碇シンジの“父殺し”は?

碇ゲンドウというキャラクターは、ある意味で星一徹と近しい「切断の論理」を前面に出したキャラクターとして、シンジの前に現れる。「エヴァのパイロットとして使えるものだけがよい子供」というわけだ。しかもテレビシリーズや、『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に』で描かれたシンジが自己を確立する過程では、“父殺し”は重要な要素ではなかった。ところが『シン・エヴァ』では、ゲンドウとシンジの関係性が、物語の重要な要素として取り上げられているのだ。

『新世紀エヴァンゲリオン』テレビシリーズ1 DVD/キングレコード
『新世紀エヴァンゲリオン』テレビシリーズ1 DVD/キングレコード

そこで改めてシンジとゲンドウの描かれ方を見てみると、『巨人の星』や『ガンダム』の父子関係よりも、『Vガンダム』のウッソとハンゲルグの関係性のほうが近く見えるのだ。どちらも、「切断の原理」だけが体に染みついて、かつては持っていたはずの「包含の原理」を忘れてしまった父親、そして、そんな父親に対して、恐れや反発心そして愛情を持て余して空回りをする息子、という構図なのである。ただし大きく違うのは、『シン・エヴァ』のシンジは、はっきりと“父殺し”を行ってみせる点だ。

『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に』DVD/キングレコード
『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に』DVD/キングレコード

ゲンドウという男は、「切断の原理」を生きているように見えるが、それはペルソナに過ぎない。テレビシリーズのときから一貫してゲンドウの本質は、ユイが体現する「包含の原理」を求める“子供”である。一方で、ユイはシリーズ全体を通じて「包含の原理」の頂点に立つ存在であり、つまり実質的にユイはゲンドウの“母”なのである。だからゲンドウはユイを失ったとき、うまく母子分離ができていれば“大人”になれたかもしれない。だがそうはならなかった。

大人になるためには、なんらかのことを断念しなくてはならぬときがある。単純なあきらめは個人の成長を阻むものとなるだけだが、人間という存在は、自分の限界を知る必要がある時がある。これは真に残念なことだが仕方がない。単純なあきらめと、大人になるための断念との差は、後者の場合、深い自己肯定感によって支えられている、ということであろう。

岩波現代文庫『<子どもとファンタジー>コレクションV 大人になることのむずかしさ』河合隼雄 著/河合俊雄 編
『<子どもとファンタジー>コレクションV 大人になることのむずかしさ』河合隼雄著 河合俊雄編/岩波書店
『<子どもとファンタジー>コレクションV 大人になることのむずかしさ』河合隼雄 著/河合俊雄 編/岩波書店

確かに作中では何度もゲンドウの自己肯定の低さが語られる。そんなゲンドウだったから、ユイがすべてであり、断念をすることができなかったのではないか。そしてこの自己肯定感の低さを隠すための仮面こそが、「切断の原理」だったのだろう。もしかすると「切断の原理」を行使している間、ゲンドウは“大人の男”になったような心持ちだったかもしれない。

ゲンドウはフィクションの中の人物として極端に描かれているが、誰しもゲンドウのような「大人になったふり」をしている部分はあるだろう。そしてしばしば幼い子供は、子供であるがゆえに、「大人になったふり」という欺瞞を当人に突きつけてくる。

筆者自身にしても、子供が生まれてから「もうちょっと自分は子供好きだと思っていたのにな」と思うことがしばしばあった(ある)。もちろんゲンドウのように子供から逃げはしないが、だからといってゲンドウを笑ったり、哀れんだりするなんて単純なこともできない。ゲンドウは、そういう「自分の中の父親になったふり」の部分をつついてくる刃物のようなキャラクターとして見えた。

ではシンジはそんなゲンドウに対してどのように“父殺し”をするのか。ネタバレを避けて曖昧に書くが、それはとても直接的に描かれている。自力で自己を確立したシンジは、あるものをゲンドウに渡す。もうそれが自分に不要なものであると示すことで、自分は父親とは異なる一個の人間であるという宣言が成立し、そこに“父殺し”が完成するのである。

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』本予告・改2【公式】

葛城ミサトに『宇宙戦艦ヤマト』を想起する


この記事の画像(全8枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

藤津亮太

Written by

藤津亮太

(ふじつ・りょうた)アニメ評論家。新聞記者、週刊誌編集を経て、2000年よりアニメ関係の執筆を始める。『アニメの門V』(『アニメ!アニメ!』)、『主人公の条件』(『アニメハック』)、『アニメとゲームの≒』(『Gamer』)といった連載のほか雑誌、Blu-rayブックレット、パンフレットなども多数手が..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太