『ゲームセンターCX たまゲー スペシャル』:PR

『ゲームセンターCX』ファン待望の「たまゲー」DVDが発売!有野課長と菅Pインタビュー「お店はなくなっても、DVDの中にはある」

2022.9.1
『ゲームセンターCX』ファン待望の「たまゲー」スペシャルDVDが発売!! 有野課長と菅Pに、その見どころを独占ロングインタビュー!!

文=林 和弘(『CONTINUE』編集長)
(C)2022 フジテレビジョン、ガスコイン・カンパニー/スタイルジャム


大人気ゲームバラエティ番組『ゲームセンターCX』。放送開始19年を迎えた番組の名物コーナー「たまに行くならこんなゲームセンター」、通称「たまゲー」をまとめたスペシャルDVDが2022年9月2日に発売。

DVD限定となる完全新作ロケはもちろん、現在は閉店しているお店で収録した貴重なゲーム筐体、昭和レトロな駄菓子屋文化を収めた「たまゲー」DVDの見どころを、おなじみ有野課長(「よゐこ」有野晋哉さん)と番組プロデューサー菅剛史さんにたっぷり語っていただきました。

『ゲームセンターCX』とは?
フジテレビONEにて隔週木曜24時より放送中の大人気ゲームバラエティ番組。主演はお笑い芸人「よゐこ」の有野晋哉(有野課長)。有野課長がレトロゲームのクリアを目指す名物コーナー「有野の挑戦」、昭和レトロなゲームセンターや駄菓子屋を紹介する「たまゲー」などの人気コーナー多数。2022年11月より、記念すべき番組開始20周年イヤーに突入する。

貴重な映像だらけの「たまゲー」DVD

『ゲームセンターCX』ファン待望の「たまゲー」スペシャルDVDが発売!! 有野課長と菅Pに、その見どころを独占ロングインタビュー!!

──このたび番組初となる「たまゲー(たまに行くならこんなゲームセンター)」をフィーチャーしたDVD『ゲームセンターCX たまゲー スペシャル』が9月2日に発売になります。僕は一足早く映像を拝見したんですけど、すごく面白かったですね。

有野 総集編(「あの素晴らしいゲームセンターをもう一度 ~閉店たまゲー傑作選~」)に出て来るのは全部閉店してしまったお店ですよね? 寂しいですね。

──それも含めて貴重な映像だらけだと思うんですけど、過去にロケで行ったお店で覚えてるところってありますか?

有野 デパートの屋上は覚えてますね。大井町線の。

──「阪急大井町デイリーショッパーズ」ですね。総集編でも一番最初に収録されてますけど、あそこで阿部(浩一/カメラマン)さんが『ハングオン』をプレイされたんですよね。後ろに有野さんがいて。

有野 腰に手を回してるやつや(笑)。

──阿部さんの暴走族キャラが誕生した記念すべき名場面ですよね(笑)。あと、小田原の「懐かし横丁」では有野さんと地元の子どもたちが仲良く遊んでるんですけど、子どもが有野さんに20円くれたりして。

有野 あ、もらった!(笑)。課長はもらえるもん大体断れへんから。コインもろたりとかね。「これどうぞ」って。よその子どもからよくいただく。

──あの子どもたちっていうのは、本当に現場にいた子たちなんですか?

 そうですね。仕込みはゼロです。

──以前にインタビューさせていただいたとき、菅さんは「『有野の挑戦』がゲームに絡む企画だとしたら、『たまゲー』は人と絡む企画なんだ」というのをおっしゃってましたね(『CONTINUE』Vol.75より)。有野さんも子どもたちと仲良く遊んだり、銭湯のおじいちゃん(「妙法湯 のんびり温泉」のご主人)と意気投合されてましたけど、お笑い芸人さんなりのコツとかあるんですか?

有野 いや、おじいちゃんがオープンに喋ってくれるからじゃないですかね。運がいいのは「ノリの良い人が多い」ってことなのかなあ。子どもとか、対戦で本気で悔しがるしね。

 もともと彼らのエリアなんですよね、そのお店っていうのは。彼らのシマにお邪魔をする形。だから「失礼します」っていう状況だと思うんですよね、有野さんは。彼らからしたら「お前知らないから、このゲームを教えてやるよ」。子どもながらに20円くれるとか、そういうことだと思うんですよね。

有野 子どもがホームで大人の課長がアウェイなのが「たまゲー」のいいところなんですかね。

──テレビ番組のロケって感じでもないんでしょうね。ゲームをやりに、よく知らないおじさんが来てるなっていう(笑)。

有野 撮影クルー込みで「なんか大人がたくさんおって邪魔やなー」っていうのはあるんじゃないですかね(笑)。

「みなかみホテルジュラク」で笑激のゲーム対決

──今回のDVDの目玉は、何と言っても完全新作ロケ「レトロゲーム紀行 in 群馬&長野」ですよね。そもそも、このルートにしようって決めたのはなぜなんですか?

有野 あの〜これあんまり言いたくないんですけど、僕はまったく知りません。菅さんお願いします。

 本当だったら海外なんでしょうけど、もちろん行けない。じゃあ近場っていうところで「こういうところがありますよ」ってスタッフから提案があったんですね。それで、群馬であれば岐部(昌幸/構成作家)の地元というファクターもあるから、やってみようかってなったんです。

有野 その決定した後、僕は知りました。

──岐部さん、今回のDVDでも大活躍でしたから、てっきり僕は「岐部さんありき」の群馬だと思ってましたけど、違うんですね。

 岐部ありきではない(笑)。伊豆だったとしても、岐部は来てたかもしれないし。

有野 普通だったら、同行する作家って本番前に、ロケで入るお店の情報として「これはレアですよ」とかってアドバイスしてくれる役目なのにね。最後のゲームの基板のところ(髙井商店)に行ったら、楽しかったのか、ずっと帰って来なかったですからね。

──何があるか見に行ったら、そのまま帰って来ない(笑)。1泊2日でイロイロ回られたと思いますけど、一番覚えてるとこってどこになりますか?

有野 やっぱり温泉かなあ。あのゲームコーナーの女の子(笑)。

──「みなかみホテルジュラク」で課長とゲーム対決をした村田さんですね(笑)。あれは超面白かったです!(編集部註:水上温泉「みなかみホテルジュラク」にあるレトロゲームコーナーで有野課長と対決した販売促進課の村田さん。その模様はDVDでお楽しみください!)

『ゲームセンターCX』ファン待望の「たまゲー」スペシャルDVDが発売!! 有野課長と菅Pに、その見どころを独占ロングインタビュー!!
温泉でゲーム

 村田さんとゲームをできるパックツアーをやったらいいんじゃないですかね(笑)。

有野 「今日いますよ!」って言うてね(笑)。

 「本日夜7時より当方ゲームコーナーにおいて、販売促進課の村田と一緒にゲームができます」「みなさま、ぜひご参加ください」って(笑)。ウチのファンだったら喜びますよね。

有野 喜びますけど、その子からしたら「課長じゃないのに!」って対戦嫌がらへんかな。

──村田さんは当日、案内としてロケに帯同されていた方なんですか?

有野 そうですね。出てる側じゃないんですけど、ロケのときに「課長だぁ」って言ってたから「あ、引っ張り出そう」と思って(笑)。

──「みなかみホテルジュラク」いいですよねえ。あれ見たら行きたくなりましたもん、僕。ゲームコーナーも良かったですよね。流行りの「昭和レトロ」を取り入れてて。

 いま、そういう昭和レトロが流行ってますからね。でも、19年前にそれに気付いて「たまゲー」を始めた『ゲームセンターCX』って、すごくないですか?

一同 わははは!(爆笑)

有野 ホメさせるヤツや(笑)。こっちが言わんと気付いてくれへんしね。

 でも、この「たまゲー」は、もともと『CONTINUE』の企画をもらったものですからね。

──そうなんですよね。だから、これから3人で互いをホメ合うという(笑)。

有野 『CONTINUE』で懐かしいゲームセンターいいですよって企画をやったんですか?

──2001年に『CONTINUE』を立ち上げたときイロイロ企画を考えたんですけど、その中に「地方の温泉旅館に行くと懐かしいゲームがいっぱいあるよね」っていう話があって。「それって、どうなってるのかな?」「調べに行こうぜ!」っていう企画を3回ぐらいやったんですよ。1泊2日で温泉街を回って「どこそこのホテルには何々のゲームがあります」っていうのをリスト化して載せたんです。タイトルは「ここならできる!温泉ゲームガイド」で「熱海編」とか「草津編」とかやってたら『ゲームセンターCX』で同じような企画やってるぞ!? っていう(笑)。

有野 えー! 黙ってパクってた!? 知らんかった。

 『CONTINUE』を見て、申し訳ないけど映像のほうが適してると思ったんですよね(笑)。絶対面白いと思ったから「温泉ゲーム紀行」を始めたんですけど、そのときに思ったんですよ、「この文化は必ずなくなる」って。だから早く行っといたほうがいいなって思ったし、『ゲームセンターCX』とも合ってるはずだって思ったんですよね。

──そんな「たまゲー」がDVDになって、それを取材させていただいてるんですから、なかなか感無量ではありますね(笑)。

リアクション作家・岐部先生(群馬出身)の大活躍


この記事の画像(全11枚)


この記事が掲載されているカテゴリ

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太