坂本龍一

(さかもと・りゅういち)1952年東京生まれ。1978年『千のナイフ』でソロデビュー。同年、YELLOW MAGIC ORCHESTRA(YMO)を結成。

散開後も多方面で活躍。映画『戦場のメリークリスマス』(大島渚監督作品)で英国アカデミー賞を、映画『ラストエンペラー』(ベルナルド・ベルトリッチ監督作品)の音楽ではアカデミーオリジナル音楽作曲賞、グラミー賞、ほかを受賞。常に革新的なサウンドを追求する姿勢は世界的評価を得ている。

環境や平和問題への言及も多く、森林保全団体「more trees」の創設、「stop rokkasho」、「NO NUKES」などの活動で脱原発支持を表明、また「東北ユースオーケストラ」を立ち上げるなど音楽を通じた東北地方太平洋沖地震被災者支援活動も行っている。

2013年に山口情報芸術センター(YCAM)10周年事業のアーティスティック・ディレクター、2014 年に札幌国際芸術祭2014 のゲストディレクターに就任、2018 年にはソウル(韓国)に完成したアートスペース「piknic」において複数のサウンドインスタレーション作品を展示した「Life, Life」展を開催し6万人以上を動員するなど、アート界への越境も積極的に行っている。

2014年7月、中咽頭癌の罹患を発表したが、2015年、山田洋次監督作品『母と暮せば』とアレハンドロ・G・イニャリトゥ監督作品『レヴェナント:蘇えりし者』の音楽制作で復帰を果した。

2017年春には8年ぶりとなるソロアルバム『async』を、同年末よりICC(東京)において 新作のインスタレーション『IS YOUR TIME』を発表。その後も多数の映画音楽制作を手がけるなどハイペースの活動がつづいている。

(Photo by Zakkubalan)

ARTICLE LIST

坂本龍一の関連記事一覧

坂本龍一さんの
新着・人気記事をお知らせします。