考察『大豆田とわ子と三人の元夫』結婚指輪の代わりにとわ子の薬指に止まったカナブンと三人の元夫との不思議な関係

2021.6.15


結婚のほかに新しい男女の関係の形がある

『カルテット』には「愛してるけど、好きじゃない」と言って別離した真紀と幹生(宮藤官九郎)という夫婦が登場したが、とわ子と三人の元夫たちとの関係のような選択肢があれば彼らも救われたのかもしれない。『最高の離婚』には「愛情と生活はいつもぶつかって、なんと言うかそれは私が生きる上で抱える、とても厄介な病です」という言葉が出てきたが、とわ子と三人の元夫たちとの関係は「厄介な病」を解決するものなのかもしれない。30代前半だった『最高の離婚』の光生(瑛太)とも結夏(尾野真千子)とも、30代後半だった真紀と幹生とも違う、40代になってからの、結婚とか恋愛とかセックスが絡まないオルタナティブな人間関係。結婚指輪の代わりに「幸福を運ぶ虫」のカナブンがとわ子の薬指に止まっていた9話のラストシーンは、結婚のほかに新しい男女の関係の形があるという象徴なんじゃないだろうか。

とわ子と元夫たちとの関係は、傍から見るとはっきりしなくて、未練がましくて、ぐじゅぐじゅしたものかもしれない。「3個をきれいに4人で分けるのは無理っしょ」と若者たちがショートケーキをぐじゅぐじゅにして分け合う場面があるが、何もかも数字ですっぱり割り切るのではなく、楽しい思い出を作りながらあたたかな人間関係を作っていければそれでいいんじゃないか。『大豆田とわ子と三人の元夫』は、そんなことを囁きかけているようなドラマなんだと思う。

『大豆田とわ子と三人の元夫』最終話PR


この記事の画像(全2枚)




関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

大山くまお

Written by

大山くまお

1972年生まれ。名古屋出身、中日ドラゴンズファン。『エキレビ!』などでドラマレビューを執筆する。

CONTRIBUTOR

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太

QJWebはほぼ毎日更新
新着・人気記事をお知らせします。