「わかる人にだけ伝わればいいや」的な内輪ノリの究極、ムーシー藤田


文・写真=板川侑右 編集=鈴木 梢


アルコ&ピース(平子祐希、酒井健太)がMCを務めるテレビ東京のゲームバラエティ『勇者ああああ』。10月の番組改編で木曜深夜から土曜プライム帯への奇跡の仲間入りが決まり、番組ファンの間では期待と不安の声が上がっている。なぜなら同番組はこれまで、ひと癖もふた癖もあるゲストばかりが出演してきたからだ。

そんな癖の強いゲストたちを起用しつづける同番組の演出・プロデューサー板川侑右が、キャスティングの裏話を語る本連載。今回は、完全に初見殺しのある芸人(およびキャラクター)について。

テレビ番組において大切で難しい「バランス」

基本的にテレビ番組は、とにかくわかりやすく作るべきである。新規の視聴者を獲得するためには、「わかる人にだけ伝わればいいや」的な内輪ノリのボケや、初見では理解しにくいような企画は避けたほうが無難だ。

たとえばラブレターズ塚本による「『勇者ああああ』の収録にはいつも同じ小豆色のパンツを履いてくる」という一部の番組ファンにしか伝わらないやりとり。酒井健太の「お前、何年間同じパンツ履いてんだよ」というツッコミも含めて個人的にはすごく好きな内輪ノリなのだが、新規の視聴者には伝わりづらいボケなのでここ最近のオンエアでは極力カットするようにしている。

先日放送したばかりの、「クイズ王・古川洋平&料理研究家・園山真希絵による『マル・マル・モリ・モリ!』デュエット」なんかも、初見の視聴者を完全に置いてけぼりにする企画の代表例だ。長年番組を応援してくれている方であれば僕らのキャスティングの意図を汲み取ってもらえただろうが、番組を初めて観るという人にしてみれば

  • このふたりに歌わせる必要性はそもそもどこにあるのか?
  • なぜ2020年に『マル・マル・モリ・モリ!』なのか?
  • なぜこんなにもクイズ王はビブラートを効かせているのか?
  • っていうかゲーム全然関係ねえじゃん。

など、いろいろ気になることが多過ぎる、説明不足なコーナーである。全部を説明するのも野暮だけど、まったく説明しないのは不親切。そのへんのバランスを取るのがテレビ制作の難しいところである。

ところで今年になってから出演回数が急増している、ななまがり森下直人が演じるムーシー藤田の「架空ものまね」も、初見の視聴者には相当理解し難い芸であるように思う。「架空ものまねタレント」が「架空芸能人」のものまねをするという難解すぎる設定のネタは「わかる人にだけ伝わればいいや」的な内輪ノリの究極といっていいだろう。

森下が初めて『勇者ああああ』に登場したのは、エンディングに辿り着くまで芸人達が延々とゲームをプレイしつづける「巻き戻しノーミスチャレンジ」というコーナーである。

企画のメインはゲーム実況なのだが、その合間で行われる「クールダウンタイム」と称した芸人達によるネタコーナーも人気の番組を代表する看板企画だ。もちろん、ななまがりがキャスティングされたのも「『キングオブコント2016』のファイナリストはクールダウンタイムにどんなネタを披露してくれるのだろうか?」というスタッフ陣の期待が込められていたからにほかならない。

そして迎えた本番当日、僕は担当ディレクターからこんな報告を受けた。

「事前連絡でちょっと行き違いがあったらしくて、
ななまがりさん、今日衣装も小道具も持ってきてないらしいんですよ……。
想定だと、森下さんが何度もお色直しをして、
別人設定でいろんなキャラクターを演じる予定だったんですが……」

収録現場にうっかり丸腰のまま来てしまった、ななまがりのふたり。コント師の命でもある衣装や小道具を持たない状態で何パターンもキャラクターを演じられるわけがない。ないものねだりをしても仕方がないので、本人たちに連絡ミスを謝罪しつつ、構成の変更を提案すると森下はこう答えた。

「僕の持ちネタで、架空ものまねタレントの『ムーシー藤田』っていう
キャラクターがあるんですけど……その人が別の『架空芸能人』を
演じてるってことにすれば、どんなキャラでも演じられます」

芸人「ななまがり森下」が、架空ものまねタレント「ムーシー藤田」を演じ、さらにその「ムーシー藤田」がまた「架空芸能人」を演じることでネタを成立させると主張する森下。構造がややこしいのは言うまでもないが、そもそも森下自身の知名度が恐ろしく低いので、視聴者からすれば「誰が何やってんだよ」っていう話である。よく知らない人がよくわからないことをテレビでやっている、こんなおっかないことはない。

超難解な「架空ものまね」フォーマットが視聴者にすんなり受け入れられるのか僕はいささか不安だったが、時間がなかったこともあり、後は自信ありげな森下に任せることにした。

ムーシー藤田による「架空ものまね」の正体


50年超えのシリーズを振り返る!『妖怪人間ベム』はいかに怪奇アニメの金字塔になったのか?(PR)

この記事の画像(全2枚)


WHAT'S NEW新着

あなたにはこちらもおすすめ