『佐久間宣行のオールナイトニッポン0』の始まりは『アルピーANN』にあり? 8年前からのサーガを辿る

2021.3.31


「こんなボロ雑巾みたいな出方が俺の夢のANNじゃねえぞ」

この番組と佐久間の間に起きた大きな事件が3つある。ひとつ目は2013年8月22日(※編集部注:以下、ANNに関する日付けはすべて該当日の深夜を指します)の「ハワイあるある&ステーキないない」事件だ。

この日のメールテーマは、ハワイロケ直後のアルコ&ピースに合わせた「教えてハワイ情報」。ハワイアンミュージックがかかるなか、真偽不明のハワイ情報を紹介しつつ、自宅で常夏気分を味わうというユルい内容だった。しかし、翌週のスペシャルウィークの内容にたまたま反応した佐久間のつぶやきが、“速報”として番組に報告されると、内容が一変。「コネ入社」「アホの佐久間」「佐久間の野郎」など挑発的なメールが続々と届き、「コネ入社って言われるのが悔しいなら、ツイッターでハワイあるあるをツイートしろよ」という要求まで紹介されたのだ。

ほとんどの人間たちが寝静まった深夜4時に起きた出来事。本来なら冗談として処理されるはずが、引くに引けなかったのか、それともラジオリスナーの血が騒いだのか、佐久間は「ホテルのプールの外国人、思いのほかみんなタトゥーが入ってて、怖い」と“ハワイあるある”をツイッター上で絞り出した。

すると、リスナーの要求はさらにエスカレート。番組内で「ハワイのステーキがおいしかった」という話題が出た流れで、「今度は“ステーキないない”をツイートしろ」というメールが差し込まれる。本人は「思いつかないよ…」とツイッターでいったん白旗を挙げたものの、アルコ&ピースはそれを許さず。最終的に佐久間は番組終了7分前に「ステーキないない。どの店にも裏メニューでシェフのおしっこソースがある」とつぶやき、エンディングで紹介され、一応の決着を見た。

この日、“佐久間宣行”の名前は深夜ラジオリスナーにしっかりと刻まれ、共通用語となった。もちろん佐久間自身はほとんど反応していなかったが、この番組内では“準レギュラー”のような存在になったのだ。

『アルコ&ピースのANN』は人気を得て、翌年から1部に昇格した。定番になったことで、佐久間への激しいイジリは沈静化したが、執念深いラジオリスナーたちはその存在を忘れていなかった。そんな思いが一気に爆発したのが2014年10月17日の「佐久間乱入事件」である。

この日のメールテーマは「アイ・アム・ヘラクレス選手権」。“ヘラクレスリスナーから我こそはヘラクレスというエピソードを送ってもらう”という企画で、キング・オブ・ヘラクレスに選ばれたリスナーには、発売したばかりだった佐久間の著書『できないことはやりません ~テレ東的開き直り仕事術~』をサイン入りでプレゼントすると告知された。

かつてはリスナーを止めていたアルコ&ピースも、このころになると慣れたもの。気を遣わずに過剰なほど佐久間をイジり倒してリスナーを扇動する。本の帯からめざとく「企画書は“ラブレター”」という文言を見つけたのもこのふたりだ。久々の展開を受けて、リスナーからも「グラビアアイドルとやれる方法が書いてある」「圧力をかけて宣伝させているのは強要罪」「本の感想をリツイートしているのはダサい」「ツイッターアカウント名のノブロック(@nobrock)ってカッコいいの?」と喜々としたメールが集まった。ここから番組内での佐久間の愛称……いや、愛のある蔑称が「ノブロック」となる。

なんとか方向性を修正し、リスナーに電話出演させて「アイ・アム・ヘラクレス」と叫ばせたものの、爆発的には盛り上がらない。この番組においてリスナーと電話をつなぐのは鬼門。企画は失敗に終わるかと思われたそのときだった。深夜2時半過ぎ、突然佐久間が乱入してきたのだ。

テレビ東京に報告せず、自宅からタクシーを飛ばしてやってきたという佐久間は、第一声の「ツイッターの画像は自撮りだよ」で一気にリスナーの心を掴んだ。「本なんか出すんじゃなかった」「おめえらのリスナー超怖えな。震えてたよ、自宅で」と番組内ではぼやきっぱなし。それでもゲストというかたちであれ、夢のANNに関われて、どこかうれしそうだった。

平子に「夢叶ったな」と挑発されると、佐久間は「こんなボロ雑巾みたいな出方が俺の夢のANNじゃねえぞ」と反応しつつも、エンディングでは乗せられて、「佐久間宣行のオールナイトニッポンR!」とタイトルコールにまで挑戦。単発を想定して「R」をつけたところにも、佐久間のラジオ愛が垣間見えた。

ラジオ界の片隅に熱狂を生んだリスナーと佐久間の絡みもこれで一段落ついた。翌週の放送の冒頭で、平子も「長きにわたりつづいたリスナーとの戦いに終止符を打つことができた」と断言している。が、この日の放送で、早くもこの発言が覆される。それがこの番組の歴史を語る上でも欠くことができない「ハガキ職人vs読モ事件」だ。

2015年8月29日、単発特番『佐久間宣行のANNR』が実現

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事の画像(全3枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

村上謙三久_プロフィール

Written by

村上謙三久

(むらかみ・けんさく)編集者、ライター。1978年生まれ。プロレス、ラジオ関連を中心に活動。『声優ラジオの時間』『お笑いラジオの時間』(綜合図書)の編集長を務め、著書に『深夜のラジオっ子』(筑摩書房)、『声優ラジオ“愛”史 声優とラジオの50年』(辰巳出版)がある。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太