映画『クレヨンしんちゃん』には裏テーマがある。原発や震災を扱ってきた硬派な姿勢を知っておきたい

2020.9.2


現代的なテーマを許容する国民的コンテンツのすごさ

さらに現代的なテーマを盛り込んだ作品もある。『爆盛!カンフーボーイズ~拉麺大乱~』(18年)は、しんのすけたちがカンフーで悪漢と戦うコメディアクション。意外なストーリーの鍵を握っているのは、ヒロインの玉蘭(「タマ・ラン」と読む。こういうところのセンスは一貫している)だった。

正義に燃えるカンフー娘のランだが、強力な力を得て悪を滅したあと、正義のためには手段を選ばない残酷な性格へと変貌してしまう。つまり、本作は「正義の暴走」について描いた作品だったのである。監督の高橋渉は「ヒロインの『正義』が途中でひっくり返ってしまうのが、昨今の世相や時代性を反映している」と語っている。

『映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ~拉麺大乱~』DVD/バンダイビジュアル
『映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ~拉麺大乱~』DVD/バンダイビジュアル

ファンタジックな設定の最新作『激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者』にも、終盤にかけて意外なほどシビアな展開が待ち受けている。これも間違いなく世相を反映したものだろう。

『映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者』予告2【9月11日(金)公開】

繰り返すが、これらの「裏テーマ」は必ずしも作品が持つメッセージとは限らない。脚本家の中島かずきが言うように、時代の空気は自ずと出てくるものなのだろう。一方で、これだけメジャーであり、子供向けのコンテンツである『クレヨンしんちゃん』でそれが許容されているのも特筆すべきことだと思う。

「裏テーマ」は映画『クレヨンしんちゃん』を楽しむためのスパイスのようなもの。劇場で子供たちに囲まれて、大人にしかわからない妙味を楽しむのも一興だろう。

※文中の引用はすべて『クレヨンしんちゃん大全 2020年増補版』(双葉社)


この記事の画像(全8枚)




関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

大山くまお

Written by

大山くまお

1972年生まれ。名古屋出身、中日ドラゴンズファン。『エキレビ!』などでドラマレビューを執筆する。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太