『BAKA IS NOT DEAD!! イノマーGAN日記 2018-2019』(国書刊行会):PR

「がんになって良かった」オナニーマシーン・イノマーが肉筆で遺した“命の記録”『BAKA IS NOT DEAD!!』

2022.12.20
オナニーマシーン・イノマー

編集=高橋千里


2019年12月にこの世を去った、ロックバンド・オナニーマシーンのイノマー。

彼が遺した5冊の闘病日記を手書きの状態のまま書籍化した『BAKA IS NOT DEAD!! イノマーGAN日記 2018-2019』(国書刊行会)が出版された。発売日は、命日にあたる2022年12月19日。

『BAKA IS NOT DEAD!! イノマーGAN日記 2018-2019』(国書刊行会)

日記はイノマーが口腔底がんを宣告された2018年7月18日に始まり、死のひと月前、2019年11月18日までつづき、病を得た心境、体の痛み、不安、音楽にかける熱意、仲間たちや恋人への率直な思いが綴られている。

日記のほかには、最後まで彼に連れ添った恋人のヒロ、ライターとしての“一番弟子”フジジュン、『ハイパーハードボイルドグルメリポート』(テレビ東京)などで知られる上出遼平、そして盟友・峯田和伸(銀杏BOYZ)が寄稿。

QJWebでは、本書の一部を抜粋して紹介する。

歌を失うこと。オナマシがなくなること

『BAKA IS NOT DEAD!! イノマーGAN日記 2018-2019』より
『BAKA IS NOT DEAD!! イノマーGAN日記 2018-2019』より

日記はがんを宣告された当日、2018年7月18日に始まる。恋人のヒロにつき添われ、病院で「のどのがん」と言い渡されたイノマーは、「誤診であってほしい」と願いながらも、まず誰にこの事実を伝えるべきか考えを巡らせている。

『BAKA IS NOT DEAD!! イノマーGAN日記 2018-2019』より
『BAKA IS NOT DEAD!! イノマーGAN日記 2018-2019』より

宣告翌日、7月19日。がんを受け入れられない自分に気づくも、オナニーマシーンのメンバーに病気のことを伝える。これが最後の休日になるかもと悟り、バンド・どついたるねんのライブに行こうとしている。

『BAKA IS NOT DEAD!! イノマーGAN日記 2018-2019』より
『BAKA IS NOT DEAD!! イノマーGAN日記 2018-2019』より

7月20日。ヒロに同行してもらったがんセンターで「口腔底がん」の宣告を受ける。何もしなければ余命3年。

しかし、延命のために舌を切る手術をすることはすなわち「歌を失うこと。オナマシがなくなること」。たとえ命のための手術であっても、音楽に命を懸けていたイノマーにとってそれは「死」だった。

手術直前ライブ。ファンからの募金は100万円超

『BAKA IS NOT DEAD!! イノマーGAN日記 2018-2019』より
『BAKA IS NOT DEAD!! イノマーGAN日記 2018-2019』より

2018年8月22日。前日と前々日に、オナニーマシーン結成20周年の記念アルバム『オナニー・グラフィティ』のレコーディングを実施。舌を切除する手術を2週間後に控え、これが最後の歌入れとなった。

『BAKA IS NOT DEAD!! イノマーGAN日記 2018-2019』より
『BAKA IS NOT DEAD!! イノマーGAN日記 2018-2019』より

8月27日。手術の11日前となる8月25日、彼らの主戦場であるライブハウス、渋谷La.mamaにて『=手術直前SPお医者さんには内緒でね=「緊急真昼無料!ティッシュタイム~“イノマー現形態”ラスト・ライブ」』を開催。当日、来場客から入院治療費の募金100万円超が集まった。

「とにかく…歌えるよーになりたい」

『BAKA IS NOT DEAD!! イノマーGAN日記 2018-2019』より
『BAKA IS NOT DEAD!! イノマーGAN日記 2018-2019』より
『BAKA IS NOT DEAD!! イノマーGAN日記 2018-2019』より
『BAKA IS NOT DEAD!! イノマーGAN日記 2018-2019』より

2018年9月17日。9月5日に舌切除の手術を終え12日が経過。手術からの5日間を「何回か生きることをあきらめよっか、みたいな瞬間があった」と振り返るも、「とにかく…歌えるよーになりたい」と歌への意欲を赤線つきで強く示している。

『BAKA IS NOT DEAD!! イノマーGAN日記 2018-2019』より
『BAKA IS NOT DEAD!! イノマーGAN日記 2018-2019』より
『BAKA IS NOT DEAD!! イノマーGAN日記 2018-2019』より
『BAKA IS NOT DEAD!! イノマーGAN日記 2018-2019』より

入退院を繰り返す日々、がんの再発。食べられるものが少なくなり、自分でできることが減っていく。病の過程が、自分を鼓舞する言葉と共に肉筆でノートに書きつけられ、読む者の胸に迫る。

また、まわりで彼を支えつづけた仲間たちの寄稿からは、彼がいかに繊細で優しく、いかにむちゃくちゃで情けなく、いかに愛された人物だったかがわかる。

オナニーマシーン・イノマー

恋人のヒロが書いた「はじめに」には、イノマーが人知れず書いていたこの日記を死後に見つけたときのことを、一番弟子であるフジジュンはイノマーの波瀾万丈な人生の歩みを、闘病の記録をビデオに収め、死後に『家、ついて行ってイイですか?』(テレビ東京)で放送した元テレビ東京の上出遼平は、これからも生きていくヒロへのメッセージをそれぞれ綴っている。

そして「あとがきにかえて」では、彼の盟友で、日記に何度となく登場する銀杏BOYZの峯田和伸が、イノマーへの思いを彼らしい朴訥とした言葉で残している。

肉筆による生々しい命の記録。イノマーが生きた証を本書から感じてほしい。

『BAKA IS NOT DEAD!! イノマーGAN日記 2018-2019』

発行:国書刊行会
著者:イノマー
定価:2,970円(税込)
初版年月日:2022年12月19日

2018年7月のがん宣告から死の1カ月前まで、5冊にわたるノートに綴られたイノマーの手記を手書き文字のまま書籍化! 人を愛し人に愛され一生性春を駆け抜けた稀代のパンクス、最期の日々の記録。

国書刊行会の本


この記事の画像(全12枚)




この記事が掲載されているカテゴリ

CONTRIBUTOR

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太

QJWebはほぼ毎日更新
新着・人気記事をお知らせします。