SUPER★DRAGON『Burn It Black e.p.』:PR

“楽曲派”ボーイズグループSUPER★DRAGON。〈5年間で築き上げた絆〉と〈積み上げた実力〉で2021年に狙う大ブレイク

2020.12.25

色とりどりのメンバーの個性は、唯一無二

最新e.p.に収録、メンバープロデュースによるZINE『xSD』からの1カット

タイプが違うのは、楽曲だけではない。

本人が「HIP HOPが大好き」と公言するだけあり、松村和哉の身体中に響き渡る本格的な低音ラップは年々渋さを増し、美しさと妖艶さを持つ池田彪馬のハイトーンボイスに、圧倒的な存在感のある歌声で牽引する古川毅、個性的で中毒性のあるラップを聴かせるジャン海渡、どんなジャンルの歌も軽やかに攻める歌声の田中洸希とボーカルだけでもまったく違う彩りを持つ。

さらに最年長でいながらメンバーにイジられる愛されキャラの志村玲於はパワフルでダイナミックなダンスで圧倒的に目を引き、マイペースで穏やかな振る舞いとは一転、ダンスになると鋭い表情とセクシーさで魅了するギャップを持つ飯島颯、がむしゃらさと愛らしさが同居し、時折見せる大人な表情で戸惑わせる伊藤壮吾、そして最年少で結成当初は本当に小さな子供だったのが、今ではぐんと身長が伸び、冷静かつ、一気に世界観に引き込むパフォーマンスに息を飲む柴崎楽と、その個性は色とりどり。

彼らは2019年にリリースした『3rd Identity』にて、それぞれ1曲ずつプロデュースしてアルバムを制作している。早い時期からアーティストとしてパフォーマンスをし、さまざまな音楽に触れることで鍛えてきた才能と実力をそれぞれのフィルターに通し、表現したこの1枚は、彼らのさらなる可能性を示唆する挑戦的な作品となった。

初のミニアルバム『Burn It Black e.p.』

SUPER★DRAGON『Burn It Black e.p.』

そんな彼らが2020年の終わりに1年ぶりとなるCDとしてリリースするのは、初となるミニアルバム。今作には先述したセルフタイトル曲「SUPER★DRAGON」をはじめ、現在の状況下で何度も重ねてきたオンラインライブで発表してきた新曲たちを含む全5曲が収録されている。

[MV] SUPER★DRAGON / SUPER★DRAGON

シリアスで緊張感漂うピアノとストリングスのイントロから始まり、身体の奥まで響くような低音でじりじりと攻め込むように始まる「BLACK BOX」は、今の世界の状況下と自分たちを重ね、常にもがきながら、“絶体絶命は絶好の機会”“当たり前、疑おう”と問題提起し、自分たちを鼓舞するかのように決意表明するこの曲は、とても力強く、深い。

すでにオンラインライブではパフォーマンスと共に披露しているが、彼らの妖しさ、クールさを表現したパフォーマンスがとても印象的だった。

さらに志村玲於の振り付けでライブが一体になる言葉遊びとループするビートがクセになる「SAMURAI」、アコースティックでまっすぐに愛する人へとメッセージを伝える「Distance」、そして三浦大知などを手がけるプロデューサー、UTAと共にメンバー自身が制作、経験と実力を重ねた今の彼らだからこそ歌える繊細かつ大胆な「Burning in the nights」などが並ぶ。

[MV] SUPER★DRAGON / Burning in the nights

そして、Limited Boxには今の9人の絆を歌い、これからも共に進もうと誓いを立てる「BROTHERHOOD(2020ver.)」が収録される。これまで、思春期、成長期、青春をすべてSUPER★DRAGONに捧げ、メンバーがひとりも欠けることなく、悔しい想いも、つらい想いも、もちろん、幸せも楽しみもすべて共有してきた彼らが、今改めてこの曲を歌う意味はとても大きい。ファンにとっても重要な楽曲のアップデート版だ。

彼らの“有観客ライブ”に対する想いは人一倍

彼らは、先日行われたオンラインライブ(11/[email protected]豊洲PIT)で、2021年に有観客ライブを行うことを発表した。

これまで、ライブを主戦場としてきた彼らが、この状況下で奪われたものは本当に計り知れない。オンラインでは素晴らしいライブを何度も見せてくれたが、お客さんと共に作り上げるものはまた別格である。それを証明するかのように、発表時に彼らの目からは大きな涙が流れていた

自分たちの愛するファンと、愛してくれるファンの前で行う1年以上ぶりとなるライブは、素晴らしいものになるに違いない。そして彼らはさらに“もっと”と欲張り、さらに大きなアーティストへと変貌していくはずだ。

最近では、彼らがアーティスト活動と並行して行う俳優活動も活発化し、メンバーの半数ほどが出演する『FAKE MOTION - 卓球の王将 -』(日本テレビ)のシーズン2が1月20日から放送が開始され、松村和哉が『6 from HiGH&LOW THE WORST』(日本テレビ)に出演するなど、徐々にその存在が多くの人の目に触れるようになってきた。

それと共に、5年という時を経て、より強い絆、そして自分達だからこそ歌える歌、パフォーマンスを身につけた彼らは、より煌びやかに輝き始めている。自分達での楽曲プロデュース、さらに役者活動をベースに、等身大のメッセージを届けるアーティストとして成長し始めた彼らは、2021年、新たなかたちのグループとして飛躍を遂げそうだ。


この記事の画像(全5枚)




関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

Written by

吉田可奈

(よしだ・かな)エンタメ系フリーライター。著作『シングルマザー、家を買う』『うちの子、へん?』(共に扶桑社)が発売中。音楽、映画、声優、舞台、アイドル、オタク事が得意。現在は『InRed』、『steady.』(共に宝島社)、『NYLON JAPAN』(CAELUM)、『ダ・ヴィンチ』(KADOKAW..

CONTRIBUTOR

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太

QJWebはほぼ毎日更新
新着・人気記事をお知らせします。