『M-1グランプリ2021』で非よしもと芸人は優勝できるのか?

2021.10.27
M-1グランプリ2021で非よしもと芸人は優勝できるのか

文=かんそう 編集=鈴木 梢


3回戦が始まった『M-1グランプリ2021』。まず、個人的に注目したいのは「今年こそ非よしもと芸人が優勝できるかどうか」。

去年まで全16回行われた『M-1グランプリ』において、非よしもと芸人が優勝したのは、2002年のますだおかだ(松竹芸能)、2004年のアンタッチャブル(プロダクション人力舎)、2007年のサンドウィッチマン(グレープカンパニー ※優勝時の所属はフラットファイヴ)の3回。ある意味で圧倒的ともいえるよしもと芸人の牙城を今年こそ崩せるのか、公立高校が甲子園に出場するような興奮がある。


期待の非よしもと芸人、震え上がるほどの実力を持つよしもと芸人

4年ぶりにエントリーしたハライチ(ワタナベエンターテインメント)、今年にすべてをかけるアルコ&ピース(太田プロダクション)、『THE W』王者・阿佐ヶ谷姉妹(ASH&Dコーポレーション)、過去3回決勝進出のカミナリ(グレープカンパニー)、『有吉の壁』(日本テレビ)でも活躍中のトム・ブラウン(ケイダッシュステージ)、去年事務所初の決勝進出を果たしたウエストランド(タイタン)や東京ホテイソン(グレープカンパニー)、と、非よしもと芸人優勝の期待はかなり高まっている。

そのほかにも、タイタンの最終兵器・キュウ、柔剛一体の変幻自在漫才・四千頭身(ワタナベエンターテインメント)、日本一練習しないコンビ・モグライダー(マセキ芸能社)、逆おぎやはぎ・赤もみじ(マセキ芸能社)、世界で唯一のウッチャンナンチャン漫才の使い手・ランジャタイ(グレープカンパニー)など、唯一無二の武器を持つ若手芸人たちにも注目したい。

といっても、よしもと芸人たちの層の厚さは尋常ではなかった。去年決勝に行った芸人たちだけでも、見取り図、おいでやすこが、ニューヨーク、オズワルド、インディアンス、アキナが再び顔をそろえ、去年こそ決勝進出を逃してはいるが、ミキ、すゑひろがりず、ゆにばーす、さや香など、名前を挙げれば震え上がるほどの実力者たちがひしめき合っている。

さらに、今年こそはと決勝進出を目指す猛者たちがゴロゴロしていることも忘れてはならない。
すでに大ブレイク中のEXITや、YouTubeチャンネルが絶好調のデニスやレインボー、一部ではすでに熱狂的な人気を誇る金属バット、喧嘩ネタで唯一無二の存在となっている鬼越トマホーク、『キングオブコント』王者コロコロチキチキペッパーズ、同大会で決勝進出を果たしているニッポンの社長、蛙亭、GAG……と、もはや恐怖でしかない。まさに笑いの魑魅魍魎、それが吉本興業だった。

『M-1グランプリ2021』1回戦動画で見つけた衝撃的な芸人たち


この記事の画像(全1枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

Written by

かんそう

1989年生まれ。ブログ「kansou」でお笑い、音楽、ドラマなど様々な「感想」を書いている。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太